親の介護で生活が破綻、54歳でホームレスに 貧困の入り口となる選択とは (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

親の介護で生活が破綻、54歳でホームレスに 貧困の入り口となる選択とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
大崎百紀週刊朝日#シニア#介護を考える
※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

介護破綻を防ぐため知っておきたい10の知恵 (週刊朝日2020年11月27日号より)

介護破綻を防ぐため知っておきたい10の知恵 (週刊朝日2020年11月27日号より)

 介護にはお金がかかる。2025年には要介護認定者が780万人に上り、自己負担額も増える見通しだ。後悔したくないと、子は無理をしてしまいがち。ただし、介護離職は絶対に避けるべきだと専門家は指摘する。

【まとめ】介護破綻を防ぐため知っておきたい10の知恵はこちら

*     *  *
 一方、埼玉県に住む高野昭博さん(65)は、介護で自身の生活が破綻した。

 20年前、45歳のとき。「老老介護」の状態だった両親を助けるため、父ががんになったのをきっかけに、勤めていた大手デパートを退職した。

「あのときは、親の介護で後悔したくない、という思いが強かった。仕事を辞めることに迷いはなかった」

 しかし、その2週間後、父が77歳で他界すると、母の認知症が進んだ。兄がいたが頼れる状況にはなく、もともと親の面倒は自分で見たいと思っていた独身の高野さんが、一人で介護することになった。

 ただ、当時は介護についての知識は何もなく、公的サービスの存在すら知らなかった。母の貯金はほぼゼロ。年金もわずかだったため、介護にかかる費用のほとんどを高野さんが払い続けた。

 一方で母は、高野さんが留守の間にやってくる訪問販売の業者から、180万円の羽毛布団や30万円の真珠のネックレスなどを買っているときもあった。

 高野さんは、何度か再就職もしたが、年収は200万円台という厳しい時期も続いた。介護生活が8年を超えたころ、周囲の助言もあり、ようやく母を施設に入れることにした。しかし、その申請をしているさなかに母は85歳で亡くなった。

 葬儀費用の100万円を支払うと、貯金は底をついた。実家は借家。生命保険もかけていなかったため遺産もない。

「墓はあるのに数十万円の納骨代すら捻出できなかった。母の死後は家賃を滞納するようになって、そのうち家を追い出されました」

 デパート勤務時の年収はピーク時で1千万円超。当初、貯蓄は3千万円あったが、母の介護を経て54歳でホームレスに。母の骨を持って真夏の8月から4カ月間、公園で暮らした。

 現在は仕事をしながら300万円台後半の年収で生活している。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい