映画「ホモ・サピエンスの涙」 LiLiCo高評価も「真剣に見たら損かも」

2020/11/21 19:00

 監督は前作「さよなら、人類」でヴェネチア国際映画祭の金獅子賞(グランプリ)を受賞した、スウェーデンが世界に誇る映像作家のロイ・アンダーソン。5年ぶりに発表した本作「ホモ・サピエンスの涙」でも同映画祭の最優秀監督賞を受賞した。

あわせて読みたい

  • 映画「魂のゆくえ」 傑作「タクシードライバー」の脚本家による問題作

    映画「魂のゆくえ」 傑作「タクシードライバー」の脚本家による問題作

    週刊朝日

    4/13

    大杉漣、初プロデュース作にして最後の主演作 評論家の評価は?

    大杉漣、初プロデュース作にして最後の主演作 評論家の評価は?

    週刊朝日

    10/21

  • ジム・ジャームッシュの“ゾンビ映画” 映画評論家4人の星の数は?

    ジム・ジャームッシュの“ゾンビ映画” 映画評論家4人の星の数は?

    週刊朝日

    4/5

    映画「ドント・ウォーリー」 決して人生を降りなかった風刺漫画家の実話

    映画「ドント・ウォーリー」 決して人生を降りなかった風刺漫画家の実話

    週刊朝日

    5/11

  • LiLiCoがLGBT映画の「ラストのその後」に驚愕

    LiLiCoがLGBT映画の「ラストのその後」に驚愕

    週刊朝日

    5/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す