開設から100年 小津安二郎監督らが過ごした蒲田撮影所の真実

2020/11/20 11:32

 JR蒲田駅の発車サイン音は、映画「蒲田行進曲」の主題歌。実はこの歌、松竹キネマ蒲田撮影所歌なのだ。1920年に開設された撮影所では、恋もあれば暴力もあり。熱い情熱をもって映画史に残る作品を撮り続けた。

あわせて読みたい

  • 東京物語から65年 4Kで蘇る小津安二郎監督7作品の魅力

    東京物語から65年 4Kで蘇る小津安二郎監督7作品の魅力

    週刊朝日

    6/26

    風間杜夫「二枚目役しんどかった」 名編集者の暗い過去も明かす

    風間杜夫「二枚目役しんどかった」 名編集者の暗い過去も明かす

    週刊朝日

    4/9

  • 謎めく原節子の引退理由 小津監督との“ロマンス説”の真偽は…

    謎めく原節子の引退理由 小津監督との“ロマンス説”の真偽は…

    週刊朝日

    12/3

    七十二候「麦秋至(むぎのときいたる)」麦が黄金に実るころ

    七十二候「麦秋至(むぎのときいたる)」麦が黄金に実るころ

    tenki.jp

    6/1

  • 「映画のフォーマットを変えた」 “角川春樹”が日本映画にもたらしたもの

    「映画のフォーマットを変えた」 “角川春樹”が日本映画にもたらしたもの

    AERA

    10/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す