「過剰な検診」に弊害も 胃部、胸部X線に“2次がん”リスク

がん

2020/11/13 08:02

 健康増進法に基づき、市区町村で実施しているがん検診(胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮頸=けいがん)だが、なかには効果が期待できない検査があるようだ。

あわせて読みたい

  • 人間ドックは必要ない? 医者が教える「いい健診、悪い健診」

    人間ドックは必要ない? 医者が教える「いい健診、悪い健診」

    週刊朝日

    9/1

    医師の95%が「胃がん検査は内視鏡」 バリウム検査が超少数派の理由

    医師の95%が「胃がん検査は内視鏡」 バリウム検査が超少数派の理由

    AERA

    2/5

  • 食べ物だけじゃない あの習慣が「がんのリスク」を高める

    食べ物だけじゃない あの習慣が「がんのリスク」を高める

    週刊朝日

    12/11

    「ナッツ」にご用心! 美容やダイエットの味方のはずが…

    「ナッツ」にご用心! 美容やダイエットの味方のはずが…

    週刊朝日

    7/21

  • 検便も内視鏡も恥ずかしい? 「大腸がん」が女性のがん死亡数1位の背景

    検便も内視鏡も恥ずかしい? 「大腸がん」が女性のがん死亡数1位の背景

    AERA

    2/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す