志村けんさん「お相手」と報じられた女性が激白 喜劇王の優しさと晩年の苦悩 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

志村けんさん「お相手」と報じられた女性が激白 喜劇王の優しさと晩年の苦悩

上田耕司週刊朝日
奥村美香さん=本人提供

奥村美香さん=本人提供

 志村さんの出演する舞台に誘われ、見に行ったこともあった。

「けんさんは甘いものが嫌いなので、せんべいとかあられを楽屋に差し入れしたことがありました」

 そんな希代のコメディー王も、奥村さんの前で悩みを口にしたという。

「『ネタ不足だよ』『昔からやっているからワンパターンになっちまう』とか、『バカ殿のコントは、もう年だから白塗りがきついよ』とか言っていることがありました」

 体調が悪そうな日もあった。

「酒量は、途中から控えめになりました。歩くのがちょっと遅かったり、検査入院を何度かしたり。具合が悪い日は、ノンアルコールビールを飲んでましたね」

 最後のメッセージのやり取りは、今年2月10日だった。

「次はいつごろ会おうか、というメッセージでした。そのうち会おうと思っていた……」

 志村さんは3月17日に倦怠(けんたい)感を覚え、19日に発熱と呼吸困難の症状となった。20日に緊急入院。23日に新型コロナの陽性が判明し、29日に亡くなった。

「私が、3月19日にメッセージを送ったときには既読になったんですけれど、25日に『お体は大丈夫ですか』と送ったメッセージは既読がつきませんでした」

 女性誌が4月、志村さんから「オレの子供を産んでくれ」と頼まれたことなどを報じた。実際はどうだったのか。

「それはけんさんが酔っぱらって、軽いジョークの感じの言葉なんですよ。2人きりでかしこまって言われた訳ではありません。私は、アハハと笑って答えました。けんさんの女友達は、私一人だけじゃないので、何人かのうちの一人というだけです」

 奥村さんは三重県出身。高校を卒業して東京の専門学校に入学後、モデルの仕事を始めた。志村さんからは、「来年は俺の舞台に立たせてやる」と約束してもらっていたという。約束は果たされないまま終わったが、女優になる夢を実現しようと奮闘中だ。

 最近では「ミスFLASH2021」のオーディションでファイナリストの15人に残った。

「女優を目指すつもりです。まずはいい作品でセリフのある役につきたい」

 志村さんも、天国で応援しているに違いない。(本誌・上田耕司)

※週刊朝日2020年11月20日号に加筆


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい