巨人・菅野智之は今オフ最大のチーム懸案事項、メジャー移籍か残留か 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

巨人・菅野智之は今オフ最大のチーム懸案事項、メジャー移籍か残留か

このエントリーをはてなブックマークに追加
梅宮昌宗週刊朝日
巨人の菅野智之(C)朝日新聞社

巨人の菅野智之(C)朝日新聞社

巨人の菅野智之(左)(C)朝日新聞社

巨人の菅野智之(左)(C)朝日新聞社

セ・リーグ連覇を決め、ペナントを掲げて場内を一周する巨人の原辰徳監督(右)と菅野智之(C)朝日新聞社

セ・リーグ連覇を決め、ペナントを掲げて場内を一周する巨人の原辰徳監督(右)と菅野智之(C)朝日新聞社

 セ・リーグ連覇を達成し、日本シリーズに照準を合わせている巨人。原辰徳監督が3度目の監督に就任した昨季は5年ぶりのリーグ制覇を飾ったが、日本シリーズはソフトバンクに4連敗を喫した。パ・リーグの球団が2013年から7年連続で日本一に輝いていることから、セ・リーグの代表として雪辱を期す思いは強いだろう。

【写真】セ・リーグ連覇を決め、ペナントを掲げて場内を一周する原監督と菅野

 一方で、オフの戦力補強も注目される。フリーエージェント(FA)戦線では、中日のエース・大野雄大の獲得に乗り出すとみられる。今季は11勝6敗、リーグトップの防御率1.82。10完投も12球団で断トツのトップだ。加入すれば、先発の軸として大きな戦力になる。

 だが、巨人には大きな懸案事項もある。絶対的エース・菅野智之の去就だ。今季は開幕から白星を重ね、日本新記録の開幕13連勝をマーク。チームへの貢献度は非常に高く、今季のリーグ最優秀選手(MVP)に選出されるのは間違いない。その菅野には、ある夢がある。メジャー挑戦だ。

 海外FA権を取得するのは早くても来オフになる。巨人はポスティングシステムでのメジャー挑戦を認めていない。ただ、菅野の場合は容認する可能性がある。昨オフ、山口俊がポスティングシステムを利用して大リーグ・ブルージェイズへ。菅野は日本ハムのドラフト1位指名を拒否し、1年の浪人生活を経て巨人に入団した経緯がある。在京のテレビ局関係者は、こう分析する。

「投手で1年間のブランクというのは非常に大きい。そのリスクを背負って巨人に入団してくれて、(昨季まで)2度の最多勝、4度の最優秀防御率を獲得するなどエースとして申し分ない活躍をしている。今オフにポスティングシステムを利用してメジャー挑戦したいとなれば、球団も菅野の意思を尊重するのではないでしょうか」

 他球団も菅野の動向を注目している。

「巨人は坂本勇人、丸佳浩をはじめとして勝ち方を知っている選手が多いが、それでも菅野が抜ければ大きな戦力ダウンになる。リーグ連覇は達成したが、計算できる先発投手は菅野を除くと2年目の戸郷(翔征)のみ。サンチェスは8勝(4敗)を挙げているが、突然崩れるケースも珍しくない。今季から先発に再転向した田口(麗斗)も左のエースとして期待されたが5勝(6敗)止まりで、シーズン途中で救援に配置転換されている。もし大野を獲得しても、新しい環境で1年目から今年のような活躍を求めるのは酷でしょう。他球団は十分に戦えると思う」(セ・リーグ球団のスコアラー)

 今季の大リーグは新型コロナウイルスの影響で162試合のレギュラーシーズンが60試合と大幅に削減。さらにポストシーズン終盤まで無観客だったため、多くの球団が大幅な収入減に苦しみ、各球団の財布のひもは固いと言われる。だが、菅野の登板を視察してきたメジャー球団のスカウトはこう絶賛する。

「あのレベルの投手はなかなかいない。今年のダルビッシュ有(カブス)、前田健太(ツインズ)の活躍で日本人投手のクオリティーの高さが再評価されています。菅野がポスティングシステムを利用したら、複数球団で争奪戦になるでしょう」

 日本シリーズが巨人での最後のマウンドになるのか。それとも夢を封印して、来季も巨人でプレーするか。球界のエースの決断はいかに――。
(梅宮昌宗)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい