「ベタすぎ」もトランプ夫妻に軍配? ドン小西のファッションチェック! 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ベタすぎ」もトランプ夫妻に軍配? ドン小西のファッションチェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドン小西

ドン小西

トランプ夫妻(左)とバイデン夫妻 (GettyImages)

トランプ夫妻(左)とバイデン夫妻 (GettyImages)

 ドナルド・トランプ(74)は2005年、3番目の妻となるモデルのメラニア(50)と結婚。一方、1972年に妻と娘を事故で亡くしたジョー・バイデン(77)と、教師だったジル(69)は、77年にともに再婚。

10月22日、2回目の大統領候補討論会の後、2人の夫人が登壇。ファッションデザイナーのドン小西さんがファッションチェックした。

【写真】トランプ夫妻vsバイデン夫妻!今回チェックした二組のファッションがこちら

*  *  *
 トランプ夫妻のファッションのテーマは、男性は男性らしく、女性は女性らしくっていう前時代的なスタイル。夫のデカいスーツは自分を大きく見せるための着ぐるみみたいなもんだし、大柄で派手なメラニア夫人を連れ歩くにはぴったりだよね。この日も、ハイウエストのワンピースが体の線を強調しすぎ。ボロが出ないように黒を選んだところとか、夫とのチームワークがうまくいってるよ。

 一方、ジョー・バイデンは、対照的な本物志向。ソフトメイクのスーツが、シェイプアップした体を強調して、沈着、冷静、緻密、誠実なキャラを上手に演出してるわな。ところがだ。なぜか妻は、ピタピタボディコンのワンピースに、ハイヒールと金髪。どう考えても来年70歳になる人の格好じゃないって。それより年齢を武器にするような、上質な服がいくらでもあるだろうに。つまり夫婦のチームワークは最悪。ファッション対決は、トランプ夫妻が僅差の勝利ですが……。

■評価は……?
トランプ夫妻
2DON! 「毎度、戦略的でベタすぎます」

バイデン夫妻
2DON! 「夫婦仲の違和感が露呈?」

(構成/福光恵)

週刊朝日  2020年11月13日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい