【家つまみ】簡単に作られる! きんつば風「スイートポテト」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】簡単に作られる! きんつば風「スイートポテト」

連載「家つまみでひとやすみ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒田民子週刊朝日#黒田民子
さつまいも餡のきんつば  (撮影/写真部・松永卓也)

さつまいも餡のきんつば  (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】ポリ袋に材料を入れ、手で押し出すようにさつまいもをつぶして混ぜる。 (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】ポリ袋に材料を入れ、手で押し出すようにさつまいもをつぶして混ぜる。 (撮影/写真部・松永卓也)

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「さつまいも餡のきんつば」。

【作る際のワンポイントアドバイスはこちら】

*  *  *
「和菓子を作るのは難しい……」と思う方は多いかもしれません。そこで簡単に作れるきんつばをご紹介します。

 さつまいもは皮をむいて薄く切り、5分ほど水にさらしてアクを取ります。さっと洗って水気を切ったら、耐熱容器に入れてラップをして加熱してください。

 さつまいもと調味料を混ぜる時はポリ袋を使うと便利。おいもを手で押しつぶしたら、調味料がいきわたるように手でもみます。多少いもの粒が残っても構いません。バターはあらかじめ室温に戻してやわらかくしておくと混ざりやすいですよ。

 手で丸くまとめたら、平らな円盤状にします。四角く作りたい時は、お弁当箱などの角を使って成形してもいいでしょう。

 形を整えたら衣をつけ、フライパンに多めのサラダ油を熱して両面をカリッと香ばしく焼きます。仕上げに黒ごまを振ったらできあがり。ちょっと和風なスイートポテトは、お茶請けに最高です。

(構成/沖村かなみ)

■さつまいも餡のきんつば
【材料】(2人分)さつまいも1本(250g)、バター20g、砂糖大さじ2、塩小さじ1/2、衣(薄力粉大さじ2、水大さじ3)、サラダ油適量、黒ごま適量

【作り方】(1)さつまいもは皮をむき、薄切りにして水にさらす。(2)水気を切ったさつまいもを耐熱容器に入れてラップをして600Wのレンジで8分加熱する。(3)さつまいもの粗熱が取れたらポリ袋に入れ、砂糖、塩、室温に戻したバターを加えて手で押しつぶしながら混ぜ合わせる。(4)(3)を袋から取り出し、丸くまとめて平らにする。衣の材料を混ぜ合わせて全面につけ、フライパンにサラダ油を熱して両面を焼く。(5)器に盛り付け、黒ごまを振る。

【ワンポイントアドバイス】ポリ袋に材料を入れ、手で押し出すようにさつまいもをつぶして混ぜる。

週刊朝日  2020年11月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

黒田民子

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい