【家つまみ】トマトの味を凝縮…「キノコたっぷりストロガノフ」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】トマトの味を凝縮…「キノコたっぷりストロガノフ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
キノコたっぷりストロガノフ  (撮影/写真部・松永卓也)

キノコたっぷりストロガノフ  (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】水は加えずトマトの水煮とケチャップで煮て、キノコのうまみを引き出す (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】水は加えずトマトの水煮とケチャップで煮て、キノコのうまみを引き出す (撮影/写真部・松永卓也)

"黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「キノコたっぷりストロガノフ」。

【作る際のワンポイントアドバイスはこちら】

*  *  *
 秋本番を迎え、キノコがおいしい季節になりましたね。しめじをたっぷり使ったストロガノフはいかがでしょう。

 最初に野菜を切って準備します。鍋にサラダ油を熱し、牛肉の薄切りを入れてさっと軽く炒めてください。いったん牛肉を取り出し、同じ鍋で野菜を炒めます。

 そこにトマトの水煮とトマトケチャップを加え、鍋にフタをしてひと煮立ちさせます。水を加えず、トマトだけで味を凝縮させ、キノコのうまみを引き出すのがポイントです。

 野菜がやわらかく煮えたら炒めた牛肉を鍋に戻し、ヨーグルトと味噌を混ぜ合わせて軽く煮ます。生クリームではなくヨーグルトを使うと、カロリー控えめのさっぱりとした味になるんです。味噌のコクが加わることで、まろやかに仕上がります。

 ご飯と一緒に召し上がってもいいですし、バゲットを添えればワインのお供にぴったりですよ。秋の夜長のひとときにどうぞ。

(構成/沖村かなみ)

■キノコたっぷりストロガノフ
【材料】(2人分) 牛肉薄切り150g、ニンニク1片、しめじ(白・黒)各50g、玉ねぎ1/2個、トマト水煮缶200g、トマトケチャップ大さじ1、ヨーグルト100g、味噌大さじ1、サラダ油大さじ1、塩・胡椒各少々、ご飯

【作り方】(1)ニンニクはみじん切り、玉ねぎは薄切り、しめじは石づきを切り落としてほぐす。(2)鍋にサラダ油を熱し、牛肉をさっと炒め、塩、胡椒をして取り出す。(3)(2)の鍋に野菜を加えて炒める。トマトの水煮、トマトケチャップを加えて鍋にフタをし、ひと煮立ちさせる。(4)牛肉を鍋に戻し、ヨーグルトと味噌を加えて混ぜ合わせ、軽く煮る。塩、胡椒で味をととのえ、ご飯とともに器に盛り付ける。

【ワンポイントアドバイス】水は加えずトマトの水煮とケチャップで煮て、キノコのうまみを引き出す。

週刊朝日  2020年10月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい