乾燥が気になる10月、消えない目元のたるみに…アイクリームで血流をサポート 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

乾燥が気になる10月、消えない目元のたるみに…アイクリームで血流をサポート

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田美保子週刊朝日#山田美保子#美容
山田美保子・放送作家、コラムニスト

山田美保子・放送作家、コラムニスト

スウェーデンの皮膚ビタミンの研究から生まれた「トランスダーマ」。「トランスダーマC」が発売開始から20年を迎え、「トランスダーマ ジ アイクリーム」を新発売。エイジングサインをケアしてハリのある目元へ導く。本体10mL 6000円、交換用スペアカートリッジ10mL 5600円(各税別)。「PLAZA」「メイクアップソリューション」(一部取り扱いのない店舗あり)や、公式オンラインショップ(https://www.transderma.jp/)で購入可能。

スウェーデンの皮膚ビタミンの研究から生まれた「トランスダーマ」。「トランスダーマC」が発売開始から20年を迎え、「トランスダーマ ジ アイクリーム」を新発売。エイジングサインをケアしてハリのある目元へ導く。本体10mL 6000円、交換用スペアカートリッジ10mL 5600円(各税別)。「PLAZA」「メイクアップソリューション」(一部取り扱いのない店舗あり)や、公式オンラインショップ(https://www.transderma.jp/)で購入可能。

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は、「トランスダーマ ジ アイクリーム」を取り上げる。

*  *  *
 多くの女優やモデル、著名なヘアメイクアップアーティストらに愛され、口コミで広がったり、逆に「あまりにも効果が絶大なので自分だけのスペシャルケアとして、こっそり使いたい」(!)という顧客もいる「トランスダーマC」。

 なかでも、実年齢より15歳は若く見える美肌の持ち主として知られる某美容セレブが愛用していることは有名で、「あの人が使っているなら本物」と、信奉者はもちろん、幅広い世代に指名買いされて20年が経つ。

 そんな「トランスダーマC」のDNAを受け継いだ「トランスダーマ スポッツショット」「トランスダーマ スーパーウェット」「トランスダーマ R アドバンスド」に続いて、満を持して発売されたのが「トランスダーマ ジ アイクリーム」である。

 10月に入り、肌の乾燥が気になっている方も多いのではないか。実はアイクリームについては、「肌を甘やかさないために私は使わない」というツワモノがいるのも事実。

 だが、そんな人たちも、「トランスダーマ ジ アイクリーム」のコピーには興味津々なのである。

 というのも、乾いた目元にただ潤いを与えるだけではなく、なんと、「消えないたるみへめぐらせて引き上げる」というではないか。

 詳しく説明すると、滞りがちな目元の血流をサポートし、コラーゲン産生を促進しながら、むくみに働きかけるということ。コロナ禍、マスクの着用によって表情筋の動きが悪くなっているという話は何度か書いているが、目元の血流はもともと滞っていたようである。

 そこに塗るのは、ポリフェノーノルの一種、「ピセアタンノール」をぶどう果実の7300倍も含むパッションフルーツ種子エキスと、つや・ハリに欠かせないビタミンAの組み合わせを初めて化粧品に採用した「~ジ アイクリーム」というワケ。

 空気の入らないカートリッジシステムで最後まで清潔に使用可能で、夜はもちろん、朝も使える軽やかなテクスチャーであることも助かる。

 最新号の月刊女性誌では20年選手の「トランスダーマC」愛用者として草笛光子さんが登場。「自分らしく、素肌で勝負したいという気持ちに寄り添ってくれる」とコメントしている。沈んでしまった目元に、さあ、アプローチしよう。

■山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。TBS系「サンデー・ジャポン」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

週刊朝日  2020年10月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。TBS系「サンデー・ジャポン」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい