佳子さまがダンス封印 「踊りで弾けるような笑顔」と秘めた情熱 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

佳子さまがダンス封印 「踊りで弾けるような笑顔」と秘めた情熱

このエントリーをはてなブックマークに追加
永井貴子週刊朝日#佳子さま#皇室
国際ガールズメッセのプレイベントをオンラインで視聴する佳子さま=2020年10月10日(宮内庁提供)

国際ガールズメッセのプレイベントをオンラインで視聴する佳子さま=2020年10月10日(宮内庁提供)

 10月上旬の日曜日、秋篠宮家の次女、佳子さまが通っていたダンススクールの発表会が東京の市民ホールで開催された。

【写真記事】「かわいすぎるプリンセス」振袖&ドレス姿の佳子さまはこちら

 パンフレットに名前の記載こそないものの、毎年のように「お忍び出演」し、ジャズやブレイクダンスを、いきいきと披露していた。だが、コロナ禍が広がってからは練習も封印。この日も会場に姿をみせることはなかった。

 佳子さまのダンスは、このまま、封印されるのか。佳子さまを知る人物によれば、ご本人のダンスへの情熱は冷めていない。

 国際基督教大学(ICU)時代、佳子さまは、他の生徒に影響が出る、と学内のダンスサークルへの入会を断られている。 紆余(うよ)曲折を経て、現在のスクールにめぐり合ったわけだが、まともにレッスンを受けられるとは限らない。同スクールのレッスン場は、佳子さまの住まいがある赤坂御所からはだいぶ遠い。ある日、レッスン場の前まで着いたものの、マスコミが張り込んでいることに気がついた。

 佳子さまは、「スクールに迷惑がかかる」と、そのまま引き返したこともあった。それでも、みんながいち生徒として接してくれるスクールの空気は、佳子さまがほっとできる場であり、精神的な支えであり続けているのだという。

 ダンス発表会に毎回、足を運ぶ観客のひとりがこう話す。

「佳子さまが、踊りに弾けるような笑顔や余裕をみせるようになったのは、最近ですよ。むかしは、鬱屈(うっくつ)する悩みや思いを踊りに叩きつけるような、激しさを感じましたね」

 別の観客は、ご本人への見方が変わったと話す。

「正直、もっと浮ついたというか軽い気持ちで、『皇族がダンスをしている』のかと思っていました。しかし、長時間踊り続けられるほど身体をきたえ、何より誠実にダンスに向き合っているのが伝わります。打ち込んでいるのが、社交ダンスや日本舞踊であれば何も言われないのに、ヒップホップだと批判の材料になるのは気の毒ですね」

 ちなみに、昨年の発表会で「ヘソ出しダンス」、とやゆされたが、衣装の下に肌色のアンダースーツを着用しているので、ヘソやおなかは露出していない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい