コロナ禍でも記録出す選手…平井コーチ「過剰強化」を反省

金メダルへのコーチング

平井伯昌

2020/10/05 17:00

 基本は所属チームでの練習だと改めて思います。東京五輪に向けて水泳連盟は強化プログラムを充実させてきました。しかし、それが過剰になっていた面もあるのでは、という反省もあります。ジュニア選手のコーチや保護者の一部には、合宿を優先して、学校を休ませるのは当たり前という意識も生まれていました。

 地元開催の五輪には、大きな国の強化予算がつきました。五輪が終われば予算も減って、強化方法の見直しが必要だと重々承知していました。それが五輪を迎える前に思うようにいかない事態を迎えて、それでも「できることはある」と練習に工夫をこらして記録を伸ばしたジュニア選手が大勢いる。これは「五輪バブル」がはじけた後の強化方針を考えるときの道しるべになると思っています。

 五輪延期で「モチベーションが下がった」とやる気を失うトップ選手がいる一方、満足に泳げない練習環境の中で自己ベストを目指してこれまで以上の努力を重ねるジュニア選手もいます。困難なシーズンだからこそ、選手と指導者の真価が問われると思います。

 10月1~4日、東京辰巳国際水泳場で日本学生選手権(インカレ)が無観客で開催されます。今シーズン初めて開かれる競泳の全国大会です。ジュニア選手に負けないような好記録を期待しています。

(構成/本誌・堀井正明)

平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。86年に東京スイミングセンター入社。2013年から東洋大学水泳部監督。同大学法学部教授。『バケる人に育てる──勝負できる人材をつくる50の法則』(朝日新聞出版)など著書多数

週刊朝日  2020年10月9日号

平井伯昌

平井伯昌

平井伯昌(ひらい・のりまさ)/東京五輪競泳日本代表ヘッドコーチ。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。86年に東京スイミングセンター入社。2013年から東洋大学水泳部監督。同大学法学部教授。『バケる人に育てる』(小社刊)など著書多数

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 「水泳が速くなる前に人間教育」 競泳日本代表ヘッドコーチ・平井氏の指導の基本
    筆者の顔写真

    平井伯昌

    「水泳が速くなる前に人間教育」 競泳日本代表ヘッドコーチ・平井氏の指導の基本

    週刊朝日

    10/19

    平井コーチ、競泳委員長退任を振り返る リオ五輪後の「悩み続けた6年」
    筆者の顔写真

    平井伯昌

    平井コーチ、競泳委員長退任を振り返る リオ五輪後の「悩み続けた6年」

    週刊朝日

    5/24

  • 東京五輪、競泳のポイントは「午前決勝」でどう力を発揮するか
    筆者の顔写真

    平井伯昌

    東京五輪、競泳のポイントは「午前決勝」でどう力を発揮するか

    週刊朝日

    6/21

    早大水泳部の「紳士たれ」精神 引退後も見据えた指導法とは?
    筆者の顔写真

    平井伯昌

    早大水泳部の「紳士たれ」精神 引退後も見据えた指導法とは?

    週刊朝日

    2/15

  • 北島康介に寺川綾…競泳メダリストの共通点は? 平井コーチが力説
    筆者の顔写真

    平井伯昌

    北島康介に寺川綾…競泳メダリストの共通点は? 平井コーチが力説

    週刊朝日

    7/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す