一之輔が出会った「妖怪おもてなし」 “おにぎり地獄”に落ちる? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一之輔が出会った「妖怪おもてなし」 “おにぎり地獄”に落ちる?

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔・落語家

春風亭一之輔・落語家

イラスト/もりいくすお

イラスト/もりいくすお

 Kが言った。「こんなにおにぎりばかり……無理ですよ」。ちょっとキレ気味に。こいつはなにを言ってるんだろう。現代っ子か!? 女神はイラッともせずに「これは気がつかんで……ちょっくら唐揚げでもこさえような……」と立ち上がろうとしたので必死で止めた。「いえ! もう十分頂きましたので! ホントご馳走様でした!!」

 私はこれ以上ないくらいの最敬礼をして女神の家を出た。「失礼だろ!」。たしなめるとKは「あれは妖怪だよ。お婆さんのカタチをした『おもてなし』だ。妖怪おもてなし。ほっとくと調子に乗っていくらでも出てくるぞ」。

 その後、適当な民宿に素泊まりし、特別面白いことはなかった。私は如才なく『おもてなし』の住所を控えておいたので後日、御礼状を書いた。すると速達で返事が来て、なかにはKの無礼を糾弾する怒りの文言が殴り書きで綴られていた。差出人を見ると「高橋◯◯」としてあった。秋がくると毎年思い出す。

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。YouTube 「春風亭一之輔チャンネル」ぜひご覧ください! アーカイブもいろいろあります

週刊朝日  2020年10月9日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。この連載をまとめた最新エッセイ集『まくらが来りて笛を吹く』が、絶賛発売中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい