「半沢直樹」緊急アンケート 好きなキャラでダントツ1位は渡真利、2位は黒崎 主役を食った理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「半沢直樹」緊急アンケート 好きなキャラでダントツ1位は渡真利、2位は黒崎 主役を食った理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩下明日香週刊朝日
渡真利忍役を務めた及川光博(C)朝日新聞社

渡真利忍役を務めた及川光博(C)朝日新聞社

黒崎駿一役を務めた片岡愛之助(C)朝日新聞社

黒崎駿一役を務めた片岡愛之助(C)朝日新聞社

半沢直樹役を務めた堺雅人(C)朝日新聞社

半沢直樹役を務めた堺雅人(C)朝日新聞社

 7年ぶりの続編として話題を呼んだドラマ「半沢直樹」(TBS系)が9月27日夜、最終回を迎える。その直前の22~25日、本誌はインターネットによる緊急アンケートを実施。ドラマを見てきた人たちから計312件の熱い思いが寄せられた。

【写真】惜しくもベスト3ならず…4位のキャラクターを演じた俳優はこちら

 今作で一番好きなキャラクターを尋ねたところ、1位に選ばれたのは半沢直樹(堺雅人)の同期、渡真利忍(及川光博)だった。120票。半沢よりも“倍”近く票を集めた。自由記述欄には、渡真利をこう評する声が寄せられた。

<濃いメンバーの中で清涼剤の役割をはたしている。半沢の同期としてのつながりにも胸熱>

<半沢を大好きなのが画面からあふれ出ている>

<とまりん(渡真利)がアレクサとして大活躍している>

 芸能評論家の三杉武さんは言う。

「出世欲の強い人が集まるドロドロした世界で、渡真利は人を陥れず清廉で、情に厚い。一歩引いて半沢を助ける。同期といえばライバル関係のはずが、数少ない心を許せる存在になっている。現実世界でも渡真利のような人物が求められているという表れではないでしょうか」

 2位はオネエ言葉を発する国税庁の黒崎駿一(片岡愛之助)で66票、3位は半沢で64票だった。アンケートにはこんな回答があった。

<黒崎と半沢の胸が熱くなる信頼関係、そして共闘する展開が見られて本当にうれしい限り>

 4位は半沢の部下、森山雅弘(賀来賢人)で36票、5位は取締役の大和田暁(香川照之)で15票だった。人気上位は、いずれも半沢寄りの人物となった。

 三杉さんは言う。

「前作なら半沢が1位でしょうが、今作は脇役の見せ場が多く、より歌舞伎演出が増えていました」

 ドラマ評論家の吉田潮さんは、第2話に出演し、新興IT起業のスパイラルをだまそうとする太洋証券営業部長・広重多加夫を演じた山崎銀之丞に1票入れたいと推す。

「大物役が多い山崎さんが小物に徹していた。悪事がバレて、脂汗をかきながら声を裏返すシーンは、いい演技を見せられました。最後は何も得られなくてしょんぼりとした姿が印象的でした」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい