菅政権でも続く金融政策で「怠け者が儲かる」? ジム・ロジャーズが語る (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

菅政権でも続く金融政策で「怠け者が儲かる」? ジム・ロジャーズが語る

連載「2020年、お金と世界はこう動く」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジム・ロジャーズ週刊朝日#ジム・ロジャーズ
ジム・ロジャーズ・投資家

ジム・ロジャーズ・投資家

日本の新しいリーダーとなった菅義偉首相 (c)朝日新聞社

日本の新しいリーダーとなった菅義偉首相 (c)朝日新聞社

 このように、投資のチャンスを見つけるのに、当局の動きを観察して先を読むことは実はとても大切なことだ。

 考えてみてほしい。

 政府がある問題を解決することを決めて、多額のお金をこれから投じるとしよう。それは結果的に、誰かが多くのお金を稼ぐことを意味する。政府が正しいか間違っているかはまったく関係がない。政府がたくさんのお金を使うので、関連する事業に携わる企業が利益を手にするにすぎない。

 例えば、政府が「大規模な植樹をする」と言ったとしよう。政府にはたくさんの予算があるから、そのお金は木を持っている会社に落ちる。だったら、「木を持っている会社に資金を提供しよう」や「植樹作業を行う会社の株を買おう」などとなるわけだ。

 私は、政府が「このような問題があるので、解決したい」という動きにいつも注目している。その情報をもとに、誰がお金を手に入れるかを考えるのだ。

 ここまでの説明で、みなさんもうおわかりだろう。アベノミクスは、国が莫大な借金をして株式市場に投資し、株価を引き上げる政策だった。そして、その政策は菅首相に引き継がれる。投資をする人を喜ばせるためだ。

 だから怠け者の私はETFを買った。しかし、借金がさらに増えることは、日本にとって決して良い話ではない。

(取材/朝日新聞シンガポール支局長・西村宏治 構成/本誌・西岡千史 監修/小里博栄)

ジム・ロジャーズ/1942年、米国アラバマ州出身の世界的投資家。ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称される。2007年に「アジアの世紀」の到来を予測して家族でシンガポールに移住。現在も投資活動および啓蒙活動をおこなう

週刊朝日  2020年10月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

ジム・ロジャーズ

ジム・ロジャーズ/1942年、米国アラバマ州出身の世界的投資家。ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称される。2007年に「アジアの世紀」の到来を予測して家族でシンガポールに移住。現在も投資活動および啓蒙活動をおこなう

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい