河野太郎氏の「軽量ポスト」は口が災いした?したたかな戦略家の側面も

2020/09/19 08:00

 外相だったころには、元徴用工問題を巡って、駐日韓国大使を呼びつけて「極めて無礼だ」と叱責。パフォーマンスも目立つ。
 
 外交評論家の孫崎享氏はこう語る。

「結果的に総裁選に出馬しませんでしたが、河野さんの中国に対する強い発言は総理の座を意識されたものだと思います。総理になるには米国との関係をよくしなければならない。米国は対中強硬路線ですから、現時点では論調を合わせたほうがいいと判断したのだと思います。ご本人の本来の知識と信条とは別だと思います」

 孫崎氏が注目するのは、2010年9月に尖閣諸島付近で海上保安庁の巡視船と中国漁船との衝突事件が起きた時の河野氏の反応だ。当時、海保が漁船の船長を公務執行妨害で逮捕し、世論は騒然となった。

「中国船を捕まえるのは当然という世論で一色になりました。その中で河野さんは日中漁業協定を引いて、日本の領海内で操業している中国船は退去させ、操業していない漁船は無害通行権があるので領海外に出るまで見守るのが正しい対応であって、捕まえるべきではないと主張されました。強い言葉や感情に流されるな、と。河野さんは尖閣問題をよくご存知です。決してタカ派的な政治家とは思っていません」(孫崎氏)

 かつて持論だった脱原発も、閣僚になった途端に封印したとの見方もされた。変節漢なのか、したたかな戦略家なのか。祖父・一郎氏、父・洋平氏が成し得なかった首相の座を射止めるか。河野氏の今後に注目だ。

(本誌・亀井洋志)

※週刊朝日オンライン限定記事

週刊朝日 2020年 10/2 号【表紙:草彅剛】 [雑誌]

週刊朝日編集部

amazon
週刊朝日 2020年 10/2 号【表紙:草彅剛】 [雑誌]
1 2

あわせて読みたい

  • 有働アナに対してムキになって…「菅首相」の“野心”が見えた瞬間 池上彰と佐藤優が語る

    有働アナに対してムキになって…「菅首相」の“野心”が見えた瞬間 池上彰と佐藤優が語る

    AERA

    9/18

    「嫉妬深い晋ちゃんは…」安倍夫妻の恩人が“森友”の意外な真相を激白

    「嫉妬深い晋ちゃんは…」安倍夫妻の恩人が“森友”の意外な真相を激白

    週刊朝日

    4/11

  • 「昭恵さんは一度だけ晋ちゃんと別れたいと言ったことがある」安倍首相夫妻の恩人が今だから明かす

    「昭恵さんは一度だけ晋ちゃんと別れたいと言ったことがある」安倍首相夫妻の恩人が今だから明かす

    週刊朝日

    5/13

    尖閣諸島周辺に中国公船が集結 領土問題の再燃抑えるには

    尖閣諸島周辺に中国公船が集結 領土問題の再燃抑えるには

    AERA

    8/23

  • 防衛省・自衛隊でスキャンダルが繰り返される理由

    防衛省・自衛隊でスキャンダルが繰り返される理由

    ダイヤモンド・オンライン

    8/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す