社会的に孤立し閉じこもると死亡リスクが約2倍に…コロナ禍にシニアが健康を保つコツ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

社会的に孤立し閉じこもると死亡リスクが約2倍に…コロナ禍にシニアが健康を保つコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
永井貴子週刊朝日#シニア
シニア大樂が8月に開いた「全日本シニア社会人落語会」。65歳以上の社会人落語家が全国から集った=シニア大樂提供

シニア大樂が8月に開いた「全日本シニア社会人落語会」。65歳以上の社会人落語家が全国から集った=シニア大樂提供

外出の頻度や孤立と死亡率の関係 (週刊朝日2020年9月25日号より)

外出の頻度や孤立と死亡率の関係 (週刊朝日2020年9月25日号より)

ライフステージに応じた社会活動とフレイル予防 (週刊朝日2020年9月25日号より)

ライフステージに応じた社会活動とフレイル予防 (週刊朝日2020年9月25日号より)

 認知症や高齢者の心の問題に詳しい順天堂大学名誉教授で、アルツクリニック東京(東京都千代田区)院長の新井平伊さんによると、コロナ禍でも家に閉じこもらず人との交流を続けることが、うつ病や認知症の予防につながる。SNSやオンラインの習い事で刺激を受けるのもいいが、大切なのは本人がその取り組みを楽しむことだという。

【グラフで見る】外出の頻度や孤立と死亡率の関係

「よくあるのが、高齢の親を心配した家族が『健康にいいから』と脳トレや運動などを勧めるパターンです。実は、善意であっても、人に強制されてやらされるのは苦痛でしかないのです」

 そうはいっても、コロナで遠方の祖父母や高齢の親に長期間会えなければ、心配になる。

「電話やメールでもいいので、連絡を取って『大切に思っているから心配している』と家族だからこその愛情を伝えてください。まずは、ご本人が元気を取り戻すこと。運動や趣味を再開したり、外出をしたりしようかなと思ってもらえるようなアプローチが必要です」

 東京都健康長寿医療センター研究所で、社会参加と地域保健研究チームのリーダーを務める藤原佳典さんも、コロナ禍でシニア世代が健康を保つポイントは、習い事でもボランティアでも仕事でも、社会参加活動をやめないことだと訴える。

「高齢者の場合、いちど活動団体が解散したり、本人が仕事や活動を停止したりした場合、復帰するケースは少なくなります。よほどの気力や体力を持って『戻る』という意思が本人になければ、大半が面倒になり自宅にこもりがちになってしまう。コロナで重症化しやすいリスクを持つ高齢者が、外での活動を怖いと思うのは正常な感覚です。しばらく自宅で過ごすシニアの方は、復帰という目標や仲間との約束に向けて、自主トレーニングや充電期間だと考えてほしいのです」

 コロナ禍で活動をやめて何もしない生活が続くと、どうなるか。

 参考になるデータがある。藤原さんの研究チームが2008年から6年にわたり、公共交通機関の使用や買い物、食事の用意など、日常生活に問題のない健康な高齢者1023人を対象に行った追跡調査の結果だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい