巨人に居場所がない岩隈久志、野上亮磨、陽岱綱… 優勝マジック点灯の裏で

2020/09/16 20:19

 巨人がセ・リーグ首位を独走し、9月15日に優勝マジック「38」が点灯した。開幕前は先発陣のコマ不足、一塁のレギュラー不在などが懸念されていたが、原辰徳監督の用兵術は他球団の指揮官に比べると一枚も二枚も上手だった。高卒2年目の右腕・戸郷翔征が先発の軸として一本立ちし、大江竜聖、増田大輝、松原聖弥ら若手の成長株が躍動。シーズン中のトレードで緊急補強した高梨雄平、ウィーラーも貴重な戦力としてピタリとはまっている。

あわせて読みたい

  • “爆買”の原巨人 由伸政権で獲得したゲレーロ、森福、野上ら“不良債権”どうする?

    “爆買”の原巨人 由伸政権で獲得したゲレーロ、森福、野上ら“不良債権”どうする?

    dot.

    1/17

    沢村、野上、田口、高田、今村…巨人先発陣の「第6の男」は誰?

    沢村、野上、田口、高田、今村…巨人先発陣の「第6の男」は誰?

    週刊朝日

    4/14

  • 巨人が菅野智之のメジャー挑戦で「パ・リーグ注目右腕」をトレード補強も

    巨人が菅野智之のメジャー挑戦で「パ・リーグ注目右腕」をトレード補強も

    週刊朝日

    12/5

    プロ野球史に残る「大リストラ列伝」  “いきなりクビ”の主力は激怒、計24人が退団も

    プロ野球史に残る「大リストラ列伝」 “いきなりクビ”の主力は激怒、計24人が退団も

    dot.

    12/10

  • FA参戦見送りの巨人「エースや4番打者を獲得できる時代は終わった」の指摘

    FA参戦見送りの巨人「エースや4番打者を獲得できる時代は終わった」の指摘

    dot.

    12/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す