松山英樹が7年連続プレーオフ最終戦進出 丸山茂樹「安定力はもう、恐ろしい」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松山英樹が7年連続プレーオフ最終戦進出 丸山茂樹「安定力はもう、恐ろしい」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹

丸山茂樹

英樹にとって、これもいい経験ですね(Getty Images)

英樹にとって、これもいい経験ですね(Getty Images)

 まあ、プレーオフに入るとは思ってなかったと思いますけどね。18番で決めたジョンソンの13メートルのパットには、ラームもビックリしたと思いますよ。そういう意味では、よくあれに対して悪いイメージを持つことなくプレーオフで勝てたなと思います。ああいう流れできた人をすごいと思っちゃうところもあるので。そんなことも気にせずにいいプレーができたんで、ああいうところは世界のトッププレーヤーだなと思いましたね。

 タイガー・ウッズ(44)はプレーオフ最終戦に進めませんでした。コロナで試合がなくて、長年繰り返してきたスケジュールで過ごせませんでした。モチベーションを保つのも難しかったんだと思います。

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

週刊朝日  2020年9月18日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい