石破茂氏「誤算」 二階幹事長から袖にされて早くも崖っぷち (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

石破茂氏「誤算」 二階幹事長から袖にされて早くも崖っぷち

このエントリーをはてなブックマークに追加
西岡千史,上田耕司,今西憲之週刊朝日
石破茂元幹事長(C)朝日新聞社

石破茂元幹事長(C)朝日新聞社

 同じく、菅氏の素早い動きに行動を封じられたのは、河野太郎防衛相だ。河野氏が所属する麻生派の中堅議員は安倍首相の電撃辞任後、こう語っていた。

「河野氏は安倍首相の辞任会見の日、派閥の緊急会合に欠席。麻生氏も『大事なときになぜ来ない』と不満そうだった。麻生派は候補を出さない方針。行けば、出馬できないと思っているんじゃないか」

 河野氏は29日の記者会見で「これからしっかり考えていきたい。仲間と相談したい」と出馬に意欲を見せていた。

 だが、31日に麻生派が菅氏を支持する流れとなると、麻生氏は河野氏と会談。河野氏は出馬断念に追い込まれてしまった。

 激しさを増す権力闘争。国民を置き去りにしたパワーゲームの中で、新たなリーダーが決まろうとしている。

(本誌・西岡千史、上田耕司/今西憲之)

※週刊朝日2020年9月11日号に加筆


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい