年金もらいながら働く60代に収入増の秘策! 繰り上げ減額率との合わせワザ (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

年金もらいながら働く60代に収入増の秘策! 繰り上げ減額率との合わせワザ

首藤由之週刊朝日
※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

「丸得世代」より下は「繰り上げ」を使えば収入がアップする! (週刊朝日2020年9月4日号より)

「丸得世代」より下は「繰り上げ」を使えば収入がアップする! (週刊朝日2020年9月4日号より)

 会社はこれまで、社員に対して「年金ができるだけカットされないようにするから、低い賃金で働くことに納得してほしい」という理屈で説明してきた。だが、今の給料どころか、もっと高い給料でも年金はカットされなくなる……。それならば、「50代と比べて、そんなに給料を下げすぎなくても」といった主張が出てきてもおかしくない。

 とはいえ、会社の労務事情に詳しい社会保険労務士の澤木明氏は、理屈どおりにはいきにくそうだとする。

「基本的に会社は給料を上げたくありません。また、会社にとって60歳以降は、『残ってほしい人』とは限らず、『法律で決まっているから雇い続けている』という位置づけの人のほうが多い。同じ20万円の給料なら、新しい技術に対応できない高齢者より、対応できる柔軟で従順な若者のほうがいいに決まっているという事情もあります」

「待遇」が変わらないとすると、再雇用者は不満が高じるだろう。ひょっとしたら、その結果、サボタージュが増えることさえ考えられる。年金改正で60代の賃金に関する議論が、再び活発になるかもしれない。(本誌・首藤由之)

AERA 2020年9月4日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい