アパートの一室をシェルターに 死と隣り合わせのシリアの日常とは (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アパートの一室をシェルターに 死と隣り合わせのシリアの日常とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
監督 フィリップ・ヴァン・レウ/22日から岩波ホールほか全国順次公開/86分 (c)Altitude100 - Liaison Cinematographique - Minds Meet - Ne a Beyrouth Films

監督 フィリップ・ヴァン・レウ/22日から岩波ホールほか全国順次公開/86分 (c)Altitude100 - Liaison Cinematographique - Minds Meet - Ne a Beyrouth Films

監督 フィリップ・ヴァン・レウ/22日から岩波ホールほか全国順次公開/86分 (c)Altitude100 - Liaison Cinematographique - Minds Meet - Ne a Beyrouth Films

監督 フィリップ・ヴァン・レウ/22日から岩波ホールほか全国順次公開/86分 (c)Altitude100 - Liaison Cinematographique - Minds Meet - Ne a Beyrouth Films

 映画「シリアにて」は、戦地の今を伝える緊迫のドラマだ。主役のオームを務めるのは、ヒアム・アッバス。「シリアの花嫁」「ガザの美容室」や、スピルバーグの「ミュンヘン」、世界的に大ヒットした「ブレードランナー 2049」など、中東映画からアメリカ映画まで幅広く活躍する名女優だ。

【「シリアにて」の場面写真をもっと見る】

 シリアの首都ダマスカス。いまだ内戦の終息は見えず、アサド政権と反体制派、そしてISの対立が続いていた。そんな中、戦地に赴いた夫の留守を預かるオーム(ヒアム・アッバス)は、自らが住むアパートの一室をシェルターにして、家族と幼子を持つ隣人のハリマ(ディアマンド・アブ・アブード)の一家を市街戦の脅威から守り、なんとか生活を続けていた。一歩外に出ればスナイパーに狙われ、爆撃が建物を振動させ、さらに強盗が押し入ろうとする。いつまで持ちこたえられるかわからない日々。

 ある日、ハリマの夫がレバノンへの脱出ルートを見つけ、今夜こそ逃げようと、ハリマに計画を打ち明け、彼はアパートを出ていくが……。

 本作に対する映画評論家らの意見は?(★4つで満点)

■渡辺祥子(映画評論家)
評価:★★★★
絶え間ない銃撃、スナイパーの狙撃、強奪者に怯える日常。そこで命と我が子を守るのが最優先の母の非情の選択の地獄。それでも人は生きて人生は続く。この苦悩と痛みを正しく、率直に伝えていることがよくわかる力強い映画。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい