年金7万円で暮らせる「ケアハウス」 海が見渡せる個室に温泉付きも (2/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

年金7万円で暮らせる「ケアハウス」 海が見渡せる個室に温泉付きも

このエントリーをはてなブックマークに追加
栗原道子,吉崎洋夫週刊朝日#シニア
「ラポーレ駿河」の温泉気分が味わえる浴場 (筆者撮影)

「ラポーレ駿河」の温泉気分が味わえる浴場 (筆者撮影)

グレープハウス/相模原市南区西大沼5-4-20 042-741-0054 /定員30名 単身用居室24,48平方メートル ミニキッチン、トイレ、洗面所、エアコン、浴室、緊急連絡システム。2人部屋 49.25平方メートル。/利用料・単身者の例・管理費を入居時に120万円払う例・月の管理費(家賃)は8,400円+生活費(食費)5万円+事務費(その人の前年度の所得によって異なる・年180万円の人は1万9千円)で計77,400円+光熱費で約87,000円。(写真:筆者撮影)

グレープハウス/相模原市南区西大沼5-4-20 042-741-0054 /定員30名 単身用居室24,48平方メートル ミニキッチン、トイレ、洗面所、エアコン、浴室、緊急連絡システム。2人部屋 49.25平方メートル。/利用料・単身者の例・管理費を入居時に120万円払う例・月の管理費(家賃)は8,400円+生活費(食費)5万円+事務費(その人の前年度の所得によって異なる・年180万円の人は1万9千円)で計77,400円+光熱費で約87,000円。(写真:筆者撮影)

ケアハウスの種類 (週刊朝日2020年8月14日‐21日合併号より)

ケアハウスの種類 (週刊朝日2020年8月14日‐21日合併号より)

おすすめのケアハウス (週刊朝日2020年8月14日‐21日合併号より)

おすすめのケアハウス (週刊朝日2020年8月14日‐21日合併号より)

 低所得者向けのイメージもあるが、所得制限はない。実は誰でも申し込むことができる“穴場”なのだ。

 利用者はどういったところに魅力を感じているのか。グレープハウスは自立支援型で、前出の女性は、このケアハウスにたどり着くまでにいろんな高齢者施設を転々としてきた。夫と、デイサービスと老人保健施設を併せ持った佐野市(栃木県)のサ高住に入居した。

 佐野の街も住みやすく気に入っていたが、夫が先に旅立ち、息子からも「一人になったら近いところに住んでほしい」と言われていたため、神奈川県内のいくつかのケアハウスを見学し、グレープハウスに決めた。

「私はいくつかの持病がありますので、それらの専門医院が周辺にあるのも安心です」(女性)

 同じケアハウスに住む70代の女性は、夫を看取ったあと、1人で年金で暮らせる場所を探し、この場所を選んだ。選んだ理由をこう語る。

「まず料金が低いことがよかったです。たまに自炊をしてもいいという点にも惹かれました。ボランティアをしたかったので、事前にボランティアセンターが近くにあるかも確かめました」

 さらにすごいケアハウスもある。ラポーレ駿河(静岡市)は、鉄筋コンクリート造りで、地上6階建て。清潔感があり、高級ホテルのようだ。近くには川が流れ、静岡駅からバスで40分だ。

 一人部屋は56室。ワンルームタイプで、26.26平方メートルの広さ。バリアフリー設計で、トイレにミニキッチン、収納、洗面所、電話、エアコンも付いている。洗濯機の設置も可能。緊急時のナースコールもあり、安心だ。夫婦部屋は7室。53.55平方メートルで2DK、8畳の寝室、6畳の和室、12畳のフローリングがある。他のケアハウスと比べて、かなり広い。共用設備も充実している。浴場には季節を感じる坪庭があり、足を伸ばしながら浸かることができる。「温泉に来た気分になれる」ほどだ。365日、12時から22時の間で利用することができる。介護が必要になっても、各フロアに個浴風呂があり、利用できる。その他にはマッサージチェアやカラオケ設備もある。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい