ジム・ロジャーズ、「愛の不時着」に名前が! 「朝鮮半島が世界経済の起爆剤に」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジム・ロジャーズ、「愛の不時着」に名前が! 「朝鮮半島が世界経済の起爆剤に」

連載「2020年、お金と世界はこう動く」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジム・ロジャーズ週刊朝日#ジム・ロジャーズ
ジム・ロジャーズ

ジム・ロジャーズ

北朝鮮で存在感が高まる金与正労働党第1副部長 (c)朝日新聞社

北朝鮮で存在感が高まる金与正労働党第1副部長 (c)朝日新聞社

「世界3大投資家」の一人とされるジム・ロジャーズ氏の本誌連載「世界3大投資家 ジム・ロジャーズがズバリ予言 2020年、お金と世界はこう動く」。今回は、北朝鮮が有望な投資先であることについて。

【写真】北朝鮮で存在感が高まる人物
*  *  *
 韓国の人気ドラマ「愛の不時着」に私の名前が登場するシーンがある。私はドラマを見ていないが、友人からは、北朝鮮について私が魅力的な投資先であると話したことが紹介されているという。

 そのことは間違っていない。北朝鮮は有望な投資先である。今後、北朝鮮は国境を開き始める。それが最大の理由だ。

 今は違法だから行けなくなってしまったが、私が最後に北朝鮮に行ったのは2013年で、すでに金正恩朝鮮労働党委員長による統治が始まっていた。日本の報道では、北朝鮮の経済はどん底で、食糧不足が起きているというものが多いだろう。だが、実際には市場は世界中の食べ物であふれていた。現在は、国の開放はさらに進んでいるはずだ。

 北朝鮮北東部には、凍らない港(不凍港)の羅津港もある。ここは、国境が近い中国とロシアに加え、韓国やその他のアジア諸国にとって交通の要衝になる可能性が秘められている。魅力的なエリアだ。

 むしろ、これから状況が悪くなるのは「先進国」と呼ばれてきた国のほうだ。

 特に欧州は明るい兆しがない。欧州各国は巨額の債権を抱えている。EUの優等生と言われているドイツですらそうだ。ドイツのある都市は、誰も知らなかったほどの債権を抱えている。

 先行きが見通せないと、他人のことを責める人が増える。政治家もその声に便乗して排他的な意見を述べ、支持を集めようとする。

 その政治家たちは、英国に注目している。「ブレグジット(英国のEU離脱)は成功し、英国により権力を持たせた。我々も同じようにやろうではないか」と言いたいからだ。

 だから、欧州では分断の動きがさらに顕著になっている。EU離脱どころか、自国内も分断させようと扇動する政治家もいる。この動きはさらに加速する。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい