“おひとりさま体質”岸本葉子 「不安ごとに因数分解を」と助言 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“おひとりさま体質”岸本葉子 「不安ごとに因数分解を」と助言

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡瑛理週刊朝日#結婚
エッセイスト 岸本葉子(撮影/写真部・掛祥葉子)

エッセイスト 岸本葉子(撮影/写真部・掛祥葉子)

エッセイスト 岸本葉子(撮影/写真部・掛祥葉子)

エッセイスト 岸本葉子(撮影/写真部・掛祥葉子)

 新型コロナがはやり始めた当初は、どういう病気かわからない分、緊張感がありました。50代の男性が検査を受けられず亡くなったというニュースを見て「自分もこうなるんじゃないか」と不安に思い、病気についてとにかく調べました。自覚症状が出た際の連絡先を控え、罹患(りかん)したときにスーパーに行かなくていいように、レトルトのおかゆやお水もまとめて購入しました。40代のときに虫垂がんという大病を患ったのですが、当時も治療法や病院についてとにかく調べたんです。そのときの経験も生かされましたね。

 感染症拡大のような未知の事態は、誰しも不安だと思います。でもその思いを因数分解し、一つひとつ対処策を考えたほうがいい。独身特有の不安を抱えることもあるでしょう。けれど、人って追い詰められると極端な決定に走ってしまいやすい。焦ってパートナーを求める前に一度立ち止まって、自分が本当はどうしたいのか考える時間を持ってほしいと思います。

(本誌・松岡瑛理)

週刊朝日  2020年7月31日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい