雀聖・阿佐田哲也をひとり占め 黒川博行が勝負した「麻雀」以外のゲームとは (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

雀聖・阿佐田哲也をひとり占め 黒川博行が勝負した「麻雀」以外のゲームとは

連載「出たとこ勝負」

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒川博行週刊朝日#黒川博行
黒川博行・作家 (c)朝日新聞社

黒川博行・作家 (c)朝日新聞社

※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

 ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は雀聖・阿佐田哲也との親交について。

*  *  *
 うちの麻雀部屋に色紙の額をふたつ飾っている。

 ひとつは──、

『花のさかりは地下道で 埃まみれの 空きっ腹 阿佐田哲也』

 もうひとつは──、

『87年6月28日 早朝ニ至ル一戦ニテ マサニ完敗イタシマシタ 両三年修業シテ 出直シテマイリマス 黒川雅子様 阿佐田哲也』

 この色紙を見ると、初めてのひとはたいていびっくりする。

「これって、あの阿佐田哲也さんが書いたん?」

「そう、サインがあるやろ」わたし、鼻が高い。

「あの雀聖と、ほんまに麻雀したん?」

「した。色川さんと麻雀して、よめはんが勝った」

 阿佐田哲也(朝だ、徹夜)はペンネームで、エンターテインメント系の小説を阿佐田哲也、純文学は本名の色川武大で書かれていたから、わたしは色川さん、と呼んでいた──。

 芸大彫刻科の四年間、わたしは麻雀に明け暮れていた。同じ学生仲間はもちろん、ときには不動産屋の社長やパチンコホールの店長と、稼いだバイト料、払うべき授業料を賭けて打ち、負けた記憶はあまりない。若いだけに気力、体力があったのかもしれないが、所詮(しょせん)は井の中の蛙、ただ運がよかったのだろう。

 そのころはじめて読んだのが『麻雀放浪記』だった。勝負の機微、ギャンブラーの心理が過不足のない筆致で流れるように書かれている。絶妙の仕掛け、構成、展開に、なるほど、これがエンターテインメントなんや、と実感し、わたしは阿佐田哲也の小説をすべて読むようになった。

 そして十余年──。わたしは高校教師をしながら小説を書きはじめた。東京の編集者に会うたびに、色川さんのファンだと吹聴していたら、ある編集者が色川さんに会いますか、といった。もちろん、わたしに否はない。ちょうどその一カ月後に第四回サントリーミステリー大賞の最終選考会があるから、その翌日に会わせて欲しい、と勝手なお願いをした。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい