【家つまみ】鮎で涼を味わう…大人の贅沢そうめんとは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】鮎で涼を味わう…大人の贅沢そうめんとは?

連載「家つまみでひとやすみ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒田民子週刊朝日#レシピ#黒田民子
焼き鮎とオクラソースのそうめん  (撮影/写真部・松永卓也)

焼き鮎とオクラソースのそうめん  (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】鮎はS字形にくねらせ、尾びれを上にはねるように串を刺すと、きれい。 (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】鮎はS字形にくねらせ、尾びれを上にはねるように串を刺すと、きれい。 (撮影/写真部・松永卓也)

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「焼き鮎とオクラソースのそうめん」。

【作る際のワンポイントアドバイスはこちら】

*  *  *
 たまには、大人の贅沢そうめんを食べましょう。養殖の鮎で十分です。スーパーで買ってきて、鮎に粗塩を振り、ぬめりを取ります。頭を右にしてエラの脇から金串を入れ、S字形にくねらせ、尾びれを上にはねるように串を刺してください。背びれ、胸びれ、尾びれを広げて飾り塩をたっぷりつけてください。そして中火弱のグリルで皮にこんがり焼き色がつくまで焼きます。

 オクラは板ずりをして約2分ゆでます。水にとって水気を切りヘタを取り細かく刻んで、とろんとした粘りけを十分に出します。

 梅干しは種を取り、たたいて細かいみじん切りに。もちろん梅干しは市販の練り梅を使っても構いません。でも私は梅干しの古漬けをお使いになることをお勧めします。コクのある酸味がこのオクラソースにはぴったりと合うからなのです。

 オクラ、梅干し、めんつゆ(市販品2倍希釈)を混ぜ合わせます。そうめんをゆでて、冷水でぬめりを取りザルにあげます。器に盛り付け鮎の塩焼きをのせ、大葉や他の薬味を添えてできあがりです。夏の涼味をお楽しみくださいね。

(構成/赤根千鶴子)

■焼き鮎とオクラソースのそうめん
【材料】(2人分) 鮎2尾、塩、粗塩各適量、オクラ2袋、梅干し2粒(市販の練り梅を使うときは大さじ1)、そうめん2束、めんつゆ(市販品)大さじ2、大葉、貝割れ大根、みょうが、生姜それぞれ適量

【作り方】(1)鮎に粗塩を振り、ぬめりを取る。頭を右にしてエラの脇から金串を入れ、S字形にくねらせ、尾びれを上にはねるように串を刺す。(2)背びれ、胸びれ、尾びれを広げ、飾り塩をたっぷりとつけ、中火弱のグリルで皮に焼き色がつくまで焼く。(3)オクラは塩で板ずりをし、1~2分ゆでる。水にとり水気を切りヘタを取り除き、細かく刻んで粘りけを出す。梅干しは種を取り、みじん切りにする。(4)オクラ、梅干し、めんつゆを混ぜ合わせる。(5)そうめんをゆで、冷水でぬめりを取り、ザルにあげ、器に盛り付ける。その上に鮎の塩焼き、大葉や他の薬味を添える。

【ワンポイントアドバイス】鮎はS字形にくねらせ、尾びれを上にはねるように串を刺すと、きれい。

週刊朝日  2020年7月17日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

黒田民子

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい