コロナ第二波到来でも欲望を優先させるのか…作家下重暁子が指摘する人間の「報い」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コロナ第二波到来でも欲望を優先させるのか…作家下重暁子が指摘する人間の「報い」

連載「ときめきは前ぶれもなく」

このエントリーをはてなブックマークに追加
下重暁子週刊朝日
下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『人間の品性』ほか多数

下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『人間の品性』ほか多数

※写真はイメージです(c)Getty Images

※写真はイメージです(c)Getty Images

 京の寺で見たあの無惨なまでに散った多くの花々がそのことを物語っている。

 まだ生きているような芳香にむせそうだった。香りの記憶は今も鮮烈だ。

 たった一日の儚い生命は、私たちの人生に似ているのかもしれない。あらゆる欲望にあくせくし、経済効率が全てだったコロナ以前の生活にもどることばかりを考え、胸に手を置いて自省することも忘れ、この期に及んでも人間の欲望を優先させる。

 知人の庭に咲いた一輪の夏椿は、瞬時私を清浄な気分にさせてくれた。

 百年以上経つ旧家の知人の庭には、様々な花が咲く。若くして亡くなった母上が好きな花を植えたのだというが、仏教と歴史に造詣の深かった母上はどんなつもりでこの花を植えたのだろうか。

「私はあまり花には詳しくないので」

 といいながら、たいていの写真に名前があるのに今回のメールには花の名が書かれていなかった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

下重暁子

下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『人間の品性』ほか多数

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい