安倍政権はもう死んでいる “行き当たりばったりが基本”のコロナ国会 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

安倍政権はもう死んでいる “行き当たりばったりが基本”のコロナ国会

このエントリーをはてなブックマークに追加
安倍首相 (c)朝日新聞社

安倍首相 (c)朝日新聞社

国会通信簿/知事通信簿 (週刊朝日2020年7月3日号より)

国会通信簿/知事通信簿 (週刊朝日2020年7月3日号より)

【右】御厨貴(みくりや・たかし)東大名誉教授(政治学)/1951年、東京都生まれ。東大法学部卒。東大先端科学技術研究センターフェロー。主な著書に『天皇退位 何が論じられたのか おことばから大嘗祭まで』(中公選書)など 【左】松原隆一郎(まつばら・りゅういちろう)放送大学教授(社会経済学)/1956年、神戸市生まれ。東大工学部卒。東大名誉教授。主な著書に『経済政策 不確実性に取り組む』(放送大学教育振興会)など (撮影/大野洋介)

【右】御厨貴(みくりや・たかし)東大名誉教授(政治学)/1951年、東京都生まれ。東大法学部卒。東大先端科学技術研究センターフェロー。主な著書に『天皇退位 何が論じられたのか おことばから大嘗祭まで』(中公選書)など 【左】松原隆一郎(まつばら・りゅういちろう)放送大学教授(社会経済学)/1956年、神戸市生まれ。東大工学部卒。東大名誉教授。主な著書に『経済政策 不確実性に取り組む』(放送大学教育振興会)など (撮影/大野洋介)

御厨:マスクの配布とか細かい問題も含めていっぱいあるが、どれひとつとっても国会議員は見せ場を作ることができなかった。

松原:平時のときの頭で動いていて、みんなに10万円をバラマキましょうという公明党のいつものような案が通ってしまった。この点、公明党は頑張ったとも評価できますが。マスクの配布や「うちで踊ろう」にしても、内々に決めて失敗した。これまで通り行き当たりばったりでやるのが基本になっている。G7の中で日本の死者数は抜群に少なくて、安倍首相がこれは日本型だから良かったと突然誇りだすけど、官邸は何もやっていないと思いますね。

御厨:そうです。政治がないんですよ。しかし政治がないからうまくいっているところがある。検察庁法改正は唯一積極的にやろうとした。しかしここに政権の悪いところが出た。これまでの森友問題や桜を見る会の問題とは根底から違うものに手をつけた。その経緯には、13年に集団的自衛権の行使容認派の小松一郎氏を法制局長官にすげかえて、うまくいったという成功体験がある。法の番人と言われた法制局なんて、政権は今や全然怖いと思っていませんからね。

松原:検察庁の問題は読み誤りました。ツイッターでハッシュタグをつけて、検察庁法改正はけしからんというのが、何百万件も集まったり、大きな影響力を持った。安倍さんはそれもさらに無視しようとしたのだろうけど、検察トップのOBらも意見書を出して、これはさすがに種類が違うと理解したのでしょう。

御厨:黒川(弘務)さんが賭けマージャンという本当につまらない問題で失脚したから、最後を見ることができなかったが、もし黒川さんを検事総長にしようとしたら、どうなったか。そうなるところまで本当は見てみたかった気がします。

松原:野党は、全然支持率が上がらないのに、国会の質疑で勝ちさえすればすっきりして喜んでしまう。政権と野党の奇妙な野合関係がずっとある。

御厨:野党は問題があると声を上げるけど、それをどうしたらいいのか生産的な議論ができない。いちゃもんはつけたけど、何かが変わったということはない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい