田原総一朗「デモめぐり支持率落とすトランプが再選を信じる理由」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗「デモめぐり支持率落とすトランプが再選を信じる理由」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗週刊朝日#田原総一朗
田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年生まれ。ジャーナリスト。東京12チャンネルを経て77年にフリーに。司会を務める「朝まで生テレビ!」は放送30年を超えた。『トランプ大統領で「戦後」は終わる』(角川新書)など著書多数 (c)朝日新聞社

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年生まれ。ジャーナリスト。東京12チャンネルを経て77年にフリーに。司会を務める「朝まで生テレビ!」は放送30年を超えた。『トランプ大統領で「戦後」は終わる』(角川新書)など著書多数 (c)朝日新聞社

イラスト/ウノ・カマキリ

イラスト/ウノ・カマキリ

 11月に大統領選挙を控えるトランプ大統領は、全米に広がった怒りのデモに対して、きわめて冷ややか、というよりも反発心さえ示している。たとえば、野党の民主党は、警官による過剰な暴力行使などを防止する警察改革法案を出した。それに対して、トランプ氏は、警察組織について「(警官の)99%は素晴らしい人々だし、記録的な(良い)仕事をしてきた」と強調し、「偉大な法執行機関を誇りに思う。予算削減も、解体も、解散もあり得ない」と言い切った。そして何と、国民を守るべき軍隊をデモ隊に差し向ける意向まで示した。

 これに対しては、米国や日本のメディアのほとんどが強く非難した。トランプ氏は決定的に誤っていると決めつけた。前国防長官のマティス氏、そして現長官のエスパー氏まで反対し、トランプ氏は一時はエスパー氏を解任しようとしたようだ。

 6月4日現在、米国での各社世論調査平均で、民主党のバイデン氏の支持率は49・3%、トランプ氏は42・1%だ。だが、トランプ氏は自分が誤りを演じたとは捉えておらず、選挙では勝てる、という思いが揺らいでいないのではないか。

 4年前、それまで誰もが言ったことがない、「世界はどうなってもよい。米国さえよければいい」と、米国の常識を覆すことを言って、米国民の本音をつかむのに成功した。今回も、建前はともかく、米国の白人の多くは人種差別反対の大デモを本音では快く思っていないはず、とトランプ氏は捉えているのではないだろうか。

週刊朝日  2020年6月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい