一之輔、3カ月ぶりの紅ショウガ天そば…「不要不急の味」と評す (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一之輔、3カ月ぶりの紅ショウガ天そば…「不要不急の味」と評す

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が絶賛発売中!

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が絶賛発売中!

イラスト/もりいくすお

イラスト/もりいくすお

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は「外出」。

【この記事のイラストはこちら】

*  *  *
 ここ3カ月、外出といえば「ラジオ出演」「スーパーへの買い物」、そしてたまーに「散歩」。4月から「落語の生配信」が加わったが、外出の頻度は激減だ。また仕事とはいえ、外出してるときの『後ろめたさ』たるや。用が済んだらダッシュで帰るもんね。緊急事態宣言が解除され、そろそろその『後ろめたさ』もなくなるのだろうか。

 先日のラジオ出演のとき。家で昼飯を食べてこなかったため小腹が空いて「もうそろそろいいかな」と3カ月ぶりに行きつけの立ち喰いそば屋にむかった。行きつけと言っても、店員と仲良く会話するような関係ではない。ただの「名もなき常連客」。店は緊急事態宣言解除の後、開け始めたようだがお客はまだ少ない。換気のためにトビラは開けっ放し。

 注文はもちろん紅ショウガ天そば。以前このコラムでも書いたが、私は紅ショウガ天そばが大好き。「なぜわざわざ紅ショウガを天ぷらに?」という素朴なギモンを跳ね返すほどの、あの酸味と塩っけと食紅パワー。自粛中、自宅で天ぷらを揚げたが紅ショウガは揚げずにいた。だってうちで紅ショウガ揚げないよ。山菜や海老があるんだもの。わざわざそばにのせないよ、紅ショウガなんか。このザ・不要不急なかんじに親近感をおぼえるのだ。落語家=紅ショウガ天そば、と言ってもよいのではないか?

 券売機の前に消毒スプレーがあり、手に「シュッ」とやる。もう慣れたな。習慣は恐ろしい。これが無いと若干不安になるくらいだ。380円。交通系電子マネーが使えないのでコイン投入。出来れば「ピッ」で終わりたいが仕方なし。お釣りを取ったら、また手に「シュッ」。

 店員さんはみなマスク着用。そば茹で係のおじさんとおぼしき人は、二重のマスクの上に透明のフェイスガードまでしていた。白い衛生帽に汗が滲んでいる。そばの湯気でフェイスガードが曇って真っ白だ。「顔面にぼかしを入れられた人」みたいになってるよ。ゴム手袋をして「ほい、ほまつぼうはまへす」。恐らく「はい、お待ちどうさまです」か。湯気と汗の染みた二重マスクは、人の滑舌を馬鹿にさせるようだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい