神がかっていたリモート「笑点」 家族の前で下ネタだけは不発? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

神がかっていたリモート「笑点」 家族の前で下ネタだけは不発?

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ
カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

イラスト/カトリーヌあやこ

イラスト/カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「笑点」(日本テレビ系 日曜17:30~)をウォッチした。

【画像】カトリーヌあやこ氏、「リモート笑点」の小遊三師匠と猫に思わず…

*  *  *
 情報番組もバラエティーもどこもかしこもリモート中継が花盛りだが、ついに「笑点」もリモート大喜利に! 司会の春風亭昇太の傍らに据えられた横長モニターの画面に、いつものレギュラーメンバーが6分割で映し出される。

 三遊亭小遊三の「ご家族でどうぞご覧になってください。お兄さん、お姉さん、弟、妹。いもーと大喜利です」という、しょうもない一言で快調な滑りっぷり、いや滑り出し。

 そして「家の中にあるモノを使ってダジャレ小噺(こばなし)」というモノボケのお題。6人一斉にモノ探しに行っちゃって、6画面全部自宅の壁ってのが新鮮だ。

 三遊亭好楽が目覚まし時計持ってきてボケようとしたら、ちょうど林家たい平の自宅近所を通りすぎる救急車のサイレンの音。まさに自宅大喜利ならでは、響きわたる「ピーポーピーポー」。さすが「笑点」、笑いの神がついている。

 飼い猫を抱えてきた小遊三。猫は迷惑そうに身をよじる。すかさず師匠の奥さんがフレームインして「腰の下抱いて! 腰の下抱いて!」。これ見られただけでもリモートありがとう。逃げていく猫に「ごめん、ごめん」と小さい声で謝る師匠がまた可愛い。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい