警官殺しの逃走犯と謎の女の終着点は?革新的サスペンス (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

警官殺しの逃走犯と謎の女の終着点は?革新的サスペンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
監督 ディアオ・イーナン/新宿武蔵野館ほか近日全国公開予定/111分(c)2019 HE LI CHEN GUANG INTERNATIONAL CULTURE MEDIA CO.,LTD.,GREEN RAY FILMS(SHANGHAI)CO.,LTD.,

監督 ディアオ・イーナン/新宿武蔵野館ほか近日全国公開予定/111分(c)2019 HE LI CHEN GUANG INTERNATIONAL CULTURE MEDIA CO.,LTD.,GREEN RAY FILMS(SHANGHAI)CO.,LTD.,

監督 ディアオ・イーナン/新宿武蔵野館ほか近日全国公開予定/111分(c)2019 HE LI CHEN GUANG INTERNATIONAL CULTURE MEDIA CO.,LTD.,GREEN RAY FILMS(SHANGHAI)CO.,LTD.,

監督 ディアオ・イーナン/新宿武蔵野館ほか近日全国公開予定/111分(c)2019 HE LI CHEN GUANG INTERNATIONAL CULTURE MEDIA CO.,LTD.,GREEN RAY FILMS(SHANGHAI)CO.,LTD.,

 中国気鋭の監督が描く革新的サスペンス「鵞鳥湖の夜」。監督を務めたディアオ・イーナン氏は、2014年の「薄氷の殺人」でベルリン国際映画祭金熊賞、銀熊賞(男優賞)をダブル受賞。作品はサスペンスミステリーの傑作として、日本をはじめ世界中でヒット。一躍注目の人となった。その監督の5年ぶりの新作だ。

【「鵞鳥湖の夜」の場面写真をもっと見る】

 中国南部。刑務所を出所して古巣のバイク窃盗団に舞い戻った裏社会の男チョウ(フー・ゴー)。ある日縄張りに関する揉め事に巻き込まれ、誤って警官を射殺してしまう。たちまち全国に指名手配され、警察の包囲網に追い詰められた彼は、自らに懸けられた報奨金を妻と幼い息子に残そうと画策するが……。

 そんなチョウの前に現れたのは、妻の代理人としてやってきたアイアイ(グイ・ルンメイ)という見知らぬ女。リゾート地である鵞鳥湖で娼婦として生きている彼女と行動を共にするチョウだったが、警察の捜査を指揮するリウ隊長(リャオ・ファン)、報奨金の強奪を狙う窃盗団に行く手を阻まれ、後戻りのできない袋小路に迷い込んでいく。

本作に対する映画評論家らの意見は?(★4つで満点)

■渡辺祥子(映画評論家)
評価:★★★ なかなかGOOD!
警官を殺し、賞金がかかる男に待ちうける運命を語る犯罪サスペンス。単純な話の枝葉を広げ、些細なエピソードの積み重ねで複雑に見せているが、女の描き方がいまひとつ。出だしからは予想もできない結末が楽しいが。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい