競馬で1万円が40万円に!数字大好き中園ミホさん「視聴率も博打の運に近い」

林真理子

2020/05/25 11:30

(中略)

林:会社はすぐやめちゃったんですよね。

中園:OLが向いてなかったらしくて、1年3カ月でやめました。毎日朝7時までお酒を飲んでるから、会社でも酔っぱらってる状態。給湯室で寝てました。ひどいOLよね。

林:そのあと、占いをやって稼いでたんでしょう?

中園:ええ。手に職がなかったんで、7年ぐらい占いで食べてました。

林:バンバン当たったの?

中園:競馬は当たりましたね。いまやると、生活がかかってないせいか全然当たらないんだけど、当時は馬と騎手の生年月日を調べて、枠の色とか時間とかを何レースも調べていくと、これは当たるしかないというのがあるんですよ。そこに1万円ぐらい注ぎ込んで……。

林:それがいくらになるんですか。

中園:40万とか。

林:ヒェ~ッ!

中園:中山(競馬場)に行って、1万円が40万ぐらいになって、電車に乗って帰ってきて、帝国ホテルの地下でおすしを食べるという、ヤクザな暮らしをしてました(笑)。

(中略)

林:中園さん、昔すごくモテてたでしょう。言い寄られるわ、セクハラはされるわ。

中園:ああ、なつかしいですね。当時は若い女性がシナリオを書くのが珍しかったから。打ち合わせというと、なぜかホテルの1階とか地下のバーで、カウンターにはカギがもう置いてあって、みたいな。

林:わかりやすーい。でも、好みの男だったら……。

中園:いやいや。私、男の人、大好きだけど、仕事の人とだけは付き合わないですね。そうなったらズルズルになって、書けなくなることが目に見えてるから、絶対に連ドラ中のスタッフには手を出さない。手を出すのは終わってから。あはは。

週刊朝日  2020年5月29日号

1 2

あわせて読みたい

  • 鈴木亮平の主演「まだ早い」と発言も 「西郷どん」脚本家が明かす舞台裏

    鈴木亮平の主演「まだ早い」と発言も 「西郷どん」脚本家が明かす舞台裏

    週刊朝日

    3/4

    篠原涼子「デートをパパラッチされたい」? 「ハケンの品格」脚本家にプライベート吐露

    篠原涼子「デートをパパラッチされたい」? 「ハケンの品格」脚本家にプライベート吐露

    AERA

    4/24

  • 「花子とアン」中園ミホが脚本家になるきっかけは「二度とつきまとうな」

    「花子とアン」中園ミホが脚本家になるきっかけは「二度とつきまとうな」

    週刊朝日

    9/22

    脚本家・中園ミホ、西郷隆盛の曽孫・隆文さんに大河ドラマ「西郷どん」への思いを聞く

    脚本家・中園ミホ、西郷隆盛の曽孫・隆文さんに大河ドラマ「西郷どん」への思いを聞く

    AERA

    12/9

  • 杏と結婚できた? 鈴木亮平「ごちそうさん」不合格を語る

    杏と結婚できた? 鈴木亮平「ごちそうさん」不合格を語る

    週刊朝日

    6/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す