斎藤雅樹、槙原寛己、桑田真澄、上原浩治…平成以降の「巨人のエース」で最もすごいのは

2020/05/19 10:00

 常勝を義務付けられてきた巨人のエースは特別な称号だ。シーズン日本タイ記録の42勝を挙げたビクトル・スタルヒン、巨人在籍時に球団最多記録の221勝をマークした別所毅彦、V9を達成した時のエース・堀内恒夫、「昭和の怪物」として強烈な印象を残した江川卓――。その後も斎藤雅樹、上原浩治、菅野智之と球界を代表する大エースが輩出されている。平成以降で「史上最強のエース」はどの投手だろうか。

あわせて読みたい

  • 独自選出!平成を彩ったベストナイン<セ・リーグ編>【西尾典文】

    独自選出!平成を彩ったベストナイン<セ・リーグ編>【西尾典文】

    dot.

    12/20

    巨人菅野が「2冠確定」も…投手個人タイトル争いはどうなる?

    巨人菅野が「2冠確定」も…投手個人タイトル争いはどうなる?

    dot.

    9/24

  • 西武・松坂大輔、楽天・田中将大、日本ハム・斎藤佑樹……甲子園優勝投手の現在地

    西武・松坂大輔、楽天・田中将大、日本ハム・斎藤佑樹……甲子園優勝投手の現在地

    週刊朝日

    3/9

    「勇気出してよかった!」 フォーム改造で“大化け”した選手たち

    「勇気出してよかった!」 フォーム改造で“大化け”した選手たち

    dot.

    3/23

  • 【2019年プロ野球総括・投手編】千賀、山口が奮闘するも目立った選手なし 投低は続くのか?

    【2019年プロ野球総括・投手編】千賀、山口が奮闘するも目立った選手なし 投低は続くのか?

    dot.

    11/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す