世間は「猫ひろし」の名前を上げ…瀬古利彦が直面したマラソン界の危機

2020東京五輪

2020/05/18 08:00

 マラソンニッポンの大黒柱だった瀬古利彦さん。15戦10勝。“修行僧”のような面差しで勝負強さを発揮、観衆を魅了した。一方、若い世代には「マラソンに妙に詳しい面白いおじさん」というイメージを持たれている。どちらが本当の瀬古さんなのか。

あわせて読みたい

  • 五輪マラソン「札幌変更」 瀬古利彦、モスクワ不参加よりショックだった?

    五輪マラソン「札幌変更」 瀬古利彦、モスクワ不参加よりショックだった?

    週刊朝日

    5/19

    ボストン・マラソン優勝 川内の東京五輪はどうなる?

    ボストン・マラソン優勝 川内の東京五輪はどうなる?

    週刊朝日

    4/26

  • 五輪本番よりも面白い? 一発勝負“混戦のマラソン代表争い”

    五輪本番よりも面白い? 一発勝負“混戦のマラソン代表争い”

    週刊朝日

    9/14

    設楽悠太の日本新を生んだ“非常識な調整法”

    設楽悠太の日本新を生んだ“非常識な調整法”

    AERA

    3/6

  • 疑惑、不公平はもう勘弁 一発勝負のマラソン五輪選考レースはいかにして生まれたか?

    疑惑、不公平はもう勘弁 一発勝負のマラソン五輪選考レースはいかにして生まれたか?

    dot.

    9/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す