魚のプロ御用達の「飲み屋」のレベルを超えた寿司…通い続けたい東京の名店

グルメ

2020/05/11 17:00

 緊急事態宣言による外出自粛の影響から、飲食店は存亡の危機に追い込まれている。昭和時代から愛される東京の名店も例外ではない。令和でもその味を守り続ける名店を応援したい。豊洲に移った仲卸業者が今でも通い続ける築地の「本種(もとだね)」を紹介する。

あわせて読みたい

  • 【昭和な名店】田中角栄の入院先にも出前 半蔵門の「天婦羅」店

    【昭和な名店】田中角栄の入院先にも出前 半蔵門の「天婦羅」店

    週刊朝日

    8/25

    豊洲移転から1カ月 小池都知事VS築地市場に居座る仲卸業者 泥沼化で仮処分申し立て

    豊洲移転から1カ月 小池都知事VS築地市場に居座る仲卸業者 泥沼化で仮処分申し立て

    週刊朝日

    11/11

  • 【昭和な名店】インド人もびっくり! インドで一番辛い地域の家庭料理とは?

    【昭和な名店】インド人もびっくり! インドで一番辛い地域の家庭料理とは?

    週刊朝日

    9/21

    築地市場は本当に移転できるのか?安倍政権の“介入”で仲卸業者淘汰の危機

    築地市場は本当に移転できるのか?安倍政権の“介入”で仲卸業者淘汰の危機

    週刊朝日

    1/3

  • 注文を受けてから鰯をさばく蒲田のなめろは臭みナシ…東京の名店を応援!

    注文を受けてから鰯をさばく蒲田のなめろは臭みナシ…東京の名店を応援!

    週刊朝日

    5/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す