江川卓、清原和博、元木大介 、内海哲也、長野久義、菅野智之「巨人入りを熱望した」選手たちのその後 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

江川卓、清原和博、元木大介 、内海哲也、長野久義、菅野智之「巨人入りを熱望した」選手たちのその後

梅宮昌宗週刊朝日
ドラフト前日、巨人と電撃的に契約を結んだ江川卓=1978年11月21日(C)朝日新聞社

ドラフト前日、巨人と電撃的に契約を結んだ江川卓=1978年11月21日(C)朝日新聞社

ドラフトで西武に指名されたPL学園高の清原和博。記者会見ではうつむき加減だった=1985年11月20日(C)朝日新聞社

ドラフトで西武に指名されたPL学園高の清原和博。記者会見ではうつむき加減だった=1985年11月20日(C)朝日新聞社

巨人に1位指名されず、ドラフト中継のテレビにも目もくれずに肩を落とす上宮高の元木大介=1989年11月26日

巨人に1位指名されず、ドラフト中継のテレビにも目もくれずに肩を落とす上宮高の元木大介=1989年11月26日

・清原和博(西武、巨人、オリックス)52歳

 名門・PL学園高(大阪)で1年から4番を務め、史上最多の甲子園春夏通算13本塁打をマーク。同級生・桑田真澄との「KKコンビ」は社会現象になり、85年秋のドラフトで動向が注目された。

 清原は巨人入りを熱望していた。だが、巨人が指名したのは早大進学を表明していた桑田だった。清原は6球団が競合して西武が交渉権を獲得したが、巨人が指名しなかったことにショックを受けて入団会見で涙を流した。

 西武入団後は黄金期の4番として活躍し、96年オフに巨人へフリーエージェント(FA)移籍。憧れていた球団のユニホームに袖を通したが、故障の影響もあって苦しんだ時期が長かった。2005年オフに戦力外通告を受け、オリックスで3年間プレーして08年限りで現役引退。打撃タイトルに縁はなかったが、通算打率2割7分2厘、525本塁打、1530打点は立派な数字だ。

・元木大介(巨人)48歳

 上宮高(大阪)でスラッガーとして高校通算24本塁打をマーク。甲子園6本塁打は清原に次ぐ歴代2位タイで、端正な顔立ちから「甲子園のアイドル」として女性ファンに大人気だった。

 巨人入りを熱望していたが、89年秋のドラフトで巨人は慶大の大森剛を指名。元木はダイエーから野茂英雄の外れ1位で指名されたが入団を拒否し、ハワイに1年間野球留学した。

 翌90年秋のドラフト1位で巨人に入団。内野ならどこでも守れる器用さ、状況に応じた打撃技術と抜群の野球センスで、当時の長嶋茂雄監督(現・巨人終身名誉監督)から「くせ者」と称された。通算打率2割6分2厘、66本塁打、378打点。現役引退後はバラエティータレントとして活躍し、現在は巨人の1軍ヘッドコーチを務める。

・内海哲也(巨人、西武)38歳

 敦賀気比高(福井)で左腕エースとして名をはせた。祖父は巨人で野手だった内海五十雄。そんな理由もあり、00年秋のドラフト前に巨人以外からの指名は拒否することを表明。オリックスが1位指名したため入団拒否し、社会人野球・東京ガスに進んだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい