雇用保険がなくてもあきらめるな 新型コロナの「家計防衛策」

お金

2020/05/01 09:00

 新型コロナウイルスの感染拡大で激変した暮らし。相次ぐ休業要請や経済活動の停滞は、家計にも影を落とし始めた。安倍政権は低所得者向けに30万円を支給するとぶち上げて迷走し、国民1人あたり一律10万円の特別定額給付金(仮称)を支給するという。だが、「コロナ・ショック」でもらえるお金は他にもある。知らないまま損をせず、制度を活用して自ら家計を守ろう。

あわせて読みたい

  • 実は多い「金が戻る」制度 世代別に34を厳選!

    実は多い「金が戻る」制度 世代別に34を厳選!

    週刊朝日

    10/11

    TOEICや社会保険労務士の講座も対象? 授業料最大10万円が受け取れる制度とは?

    TOEICや社会保険労務士の講座も対象? 授業料最大10万円が受け取れる制度とは?

    AERA

    12/13

  • 世帯分離、医療費控除、税金を取り戻す15の方策

    世帯分離、医療費控除、税金を取り戻す15の方策

    週刊朝日

    11/14

    働き盛り世代、親の介護どうする? プロが教える「共倒れ防ぐお金術」

    働き盛り世代、親の介護どうする? プロが教える「共倒れ防ぐお金術」

    AERA

    12/13

  • 共働きの妻だけに父の介護は任せられない! 「家族のため」の社会保障
    筆者の顔写真

    小泉正典

    共働きの妻だけに父の介護は任せられない! 「家族のため」の社会保障

    dot.

    11/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す