ジム・ロジャーズ「危機の時こそ投資せよ、コロナショックの今を狙え」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジム・ロジャーズ「危機の時こそ投資せよ、コロナショックの今を狙え」

連載「2020年、お金と世界はこう動く」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジム・ロジャーズ/1942年、米国アラバマ州出身の世界的投資家。ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称される。2007年に「アジアの世紀」の到来を予測して家族でシンガポールに移住。現在も投資活動および啓蒙活動をおこなう

ジム・ロジャーズ/1942年、米国アラバマ州出身の世界的投資家。ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称される。2007年に「アジアの世紀」の到来を予測して家族でシンガポールに移住。現在も投資活動および啓蒙活動をおこなう

世界の株価は乱高下している (c)朝日新聞社

世界の株価は乱高下している (c)朝日新聞社

「世界3大投資家」の一人とされるジム・ロジャーズ氏の本誌連載「世界3大投資家 ジム・ロジャーズがズバリ予言 2020年、お金と世界はこう動く」。今回は、「危機」を「好機」と捉える投資の考え方について。

【危機に備えるマネー術 株、投信…「コロナ乗り切る10カ条」】

*  *  *
 新型コロナウイルスの感染者のピークは、まもなく訪れる可能性がある。だが、経済に関してはしばらく試練が続くだろう。多くの国やそこに住む人々が、あまりにも強硬な対策をとったからだ。

 人々は今、パニックになっている。誰もレストランに行かないし、飛行機の座席もホテルの部屋も空っぽだ。みんなが家でテレビや新聞、インターネットでニュースばかり見ている。それがパニックを加速させている。

 いくつかの株は値を下げた。だが、私は今こそ株を買うべき時だと考えている。

 株式市場は、常に数カ月先を見なければならない。来週、来月といった近い将来を見てはいけない。数カ月先には何が起きているか。おそらく、コロナパニックは徐々に収まっていくはずだ。その時を見据えて、行動しなければならない。

 日本や中国、韓国には「危機」という言葉があるが、英語には完全に一致する言葉はない。この言葉には、アジアの人々の知恵を感じる。「危機」と「好機」は紙一重なのだ。

 では、どんな株を買うべきか。それは、新型コロナの影響で落ち込んでしまった株だ。

 日本の株も買うべきだ。私は、2018年秋に多くの日本株を売った。しかし、先月に船舶関連の株を買った。新型コロナで最も影響を受けたのが、人の移動に関する産業の株だったからだ。最も大きな打撃を受けたアジアの航空会社は、特に本業は、注目している。

 現状を見てみればいい。世界中の政府がパニックになっている。これからどの政府も中央銀行に金をどんどん刷らせる。日本政府は、日本銀行を通じて株まで買い始めている。

 政治家たちは何かをしなければならないと考え、経済を支えようとしている。これは決して良いことではない。人工的に景気を引き上げても、その対価はいつか払わなければならない。だから、長期的には悪い結果になる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい