平井コーチ、練習でも家庭でも「否定しないティーチング」が必要 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

平井コーチ、練習でも家庭でも「否定しないティーチング」が必要

連載「金メダルへのコーチング」

このエントリーをはてなブックマークに追加
平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。86年に東京スイミングセンター入社。2013年から東洋大学水泳部監督。同大学法学部教授。『バケる人に育てる──勝負できる人材をつくる50の法則』(朝日新聞出版)など著書多数

平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。86年に東京スイミングセンター入社。2013年から東洋大学水泳部監督。同大学法学部教授。『バケる人に育てる──勝負できる人材をつくる50の法則』(朝日新聞出版)など著書多数

5月6日までの利用中止を伝えるスポーツ施設の掲示 (撮影/堀井正明)

5月6日までの利用中止を伝えるスポーツ施設の掲示 (撮影/堀井正明)

 指導した北島康介選手、萩野公介選手が、計五つの五輪金メダルを獲得している平井伯昌・競泳日本代表ヘッドコーチ。連載「金メダルへのコーチング」で選手を好成績へ導く、練習の裏側を明かす。第16回は「ティーチング」について。

【写真】5月6日までの利用中止を伝えるスポーツ施設の掲示

*  *  *
 4月7日の政府の緊急事態宣言を受けて、競泳の日本代表チームが強化練習の拠点にしてきた味の素ナショナルトレーニングセンター、国立スポーツ科学センター(JISS)が、宣言期間の5月6日まで使えなくなりました。

 東京都内の体育施設が使用停止になり、スポーツをめぐる状況は非常に厳しくなっています。新型コロナウイルスの感染拡大防止、選手の健康、安全を第一に考えて、東洋大に設置していたトレーニング用の室内用自転車「ワットバイク」を選手の自宅に運ぶなど、自分たちで練習環境を整える努力を続けています。

 今までの当たり前は当たり前ではなかった、ということを感じています。「できるだけ東京にとどまっていただきたい」という安倍晋三首相の会見を見て、涙ながらに帰省をあきらめた選手もいます。外出自粛が求められる期間が続くことで、スポーツ選手に限らずメンタルのケアが非常に大切になってくると思います。

 私は一人ひとりの選手とできるだけ会話をするように努めています。心掛けているのは、「○○するな」といった「否定語」を使わないということです。

 選手指導では「コーチング以前にティーチングをする」という自分の原則を持っています。選手の考えを理解しながら能力を引き出す「コーチング」の前に、前回の連載でお伝えしたあいさつや他人を思いやることなど社会人として必要な基礎を教える「ティーチング」があるべきだ、という考え方です。中学2年から教えてきた北島康介には、ティーチングの時期に本人としっかりと向き合って基礎ができていたから、世界に立ち向かっていくときのコーチングがうまくいったと思っています。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい