【家つまみ】難しそう…は誤解 クセになる「牛肉のたたき特性大根おろし添え 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】難しそう…は誤解 クセになる「牛肉のたたき特性大根おろし添え

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
牛肉のたたき 特製大根おろし添え  (撮影/写真部・松永卓也)

牛肉のたたき 特製大根おろし添え  (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】トングなどで牛肉をはさみ、肉の表面全体を色が変わるまで焼く。肉の中が硬くならないようあまり長時間焼かないこと。 (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】トングなどで牛肉をはさみ、肉の表面全体を色が変わるまで焼く。肉の中が硬くならないようあまり長時間焼かないこと。 (撮影/写真部・松永卓也)

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「牛肉のたたき特性大根おろし添え」。

【ワンポイントアドバイスはこちら】

*  *  *
 牛肉のたたきというと、「作るのが難しそう」と思っている方が結構いらっしゃるようです。でも、それは誤解です。牛肉の赤身の塊とフライパンさえあれば、たたきは簡単に作れます。

 まず、肉の全面に塩・胡椒をしてください。そしてトングなどではさんで、肉の表面全体をきれいに焼きます。フライパンにギューッと押し付けるようにして焼くのではなく、肉のやわらかさが損なわれない程度に、肉の表面にきちんと熱を通すことが大切です。あまり厚みのない細長い肉の塊などは、油断をすればどんどん中まで熱が伝わって、全体が硬くなってしまいがちなので気を付けましょう。

 薬味としておすすめしたいのは、特製大根おろしです。もしご自宅に鬼おろしがある方は、ぜひ鬼おろしで大根をおろすことをおすすめします。鬼おろしのギザギザの刃で大根を粗くおろしたほうが、おろし金でおろしたものよりもシャキシャキした食感を味わえるからです。ポン酢、醤油、オリーブ油で味を調え、薄く切った牛肉のたたきにたっぷりのせて、ねぎ、大葉、みょうがと一緒に食べてみてください。結構クセになる、“あっさり家つまみ”です。

(構成/赤根千鶴子)

■牛肉のたたき特性大根おろし添え
【材料】(作りやすい分量) 牛ランプ塊肉240g、塩・胡椒各適量、長ねぎ(白い部分)1/3本、大葉10枚、みょうが2個、特製大根おろし(大根5cm、ポン酢大さじ1、醤油大さじ2、オリーブ油大さじ1/2) 

【作り方】(1)牛肉は常温に戻し、全面に塩、胡椒する。フライパンを中火強にかけ、サラダ油(分量外)を引き、肉の表面全体をサーッと焼き、取り出して冷ます。(2)大根はおろし、ポン酢と醤油、オリーブ油で味を調える。ねぎの白い部分は約4cmの長さに切り、芯をとりのぞいてから千切りに。大葉とみょうがも千切りに。(3)(1)を薄切りし、大きめの皿に並べ、ねぎ、大葉、みょうがの千切りをトッピングする。特製大根おろしと共にいただく。

【ワンポイントアドバイス】
トングなどで牛肉をはさみ、肉の表面全体を色が変わるまで焼く。肉の中が硬くならないようあまり長時間焼かないこと。

週刊朝日  2020年4月24日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい