小林麻美の“第2幕” お母さん一筋から「自分のために生きよう」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小林麻美の“第2幕” お母さん一筋から「自分のために生きよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡かすみ週刊朝日
小林麻美(こばやし あさみ)/1953年、東京都生まれ。72年、「初恋のメロディー」で歌手デビュー。70年代後半、資生堂、パルコなどのCMが話題に。84年、松任谷由実がプロデュースした「雨音はショパンの調べ」が大ヒット。91年、結婚を機に引退。2016年、「クウネル」(マガジンハウス)の表紙で25年ぶりに復活。四半世紀の沈黙を破った新刊『小林麻美 第二幕』(延江浩著、朝日新聞出版)が好評発売中。 (COVER STAFF 撮影/伊藤彰紀 ヘアメイク/COCO スタイリング/宗 明美 アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO 衣装 ファビアナフィリッピ/私物)

小林麻美(こばやし あさみ)/1953年、東京都生まれ。72年、「初恋のメロディー」で歌手デビュー。70年代後半、資生堂、パルコなどのCMが話題に。84年、松任谷由実がプロデュースした「雨音はショパンの調べ」が大ヒット。91年、結婚を機に引退。2016年、「クウネル」(マガジンハウス)の表紙で25年ぶりに復活。四半世紀の沈黙を破った新刊『小林麻美 第二幕』(延江浩著、朝日新聞出版)が好評発売中。 (COVER STAFF 撮影/伊藤彰紀 ヘアメイク/COCO スタイリング/宗 明美 アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO 衣装 ファビアナフィリッピ/私物)

小林麻美さん (COVER STAFF 撮影/伊藤彰紀 ヘアメイク/COCO スタイリング/宗 明美 アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO 衣装 ファビアナフィリッピ/私物)

小林麻美さん (COVER STAFF 撮影/伊藤彰紀 ヘアメイク/COCO スタイリング/宗 明美 アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO 衣装 ファビアナフィリッピ/私物)

「やっといろんなことから解き放たれた」と笑う“伝説のミューズ”、小林麻美さん。いきいきと今を生き、「これから」を語る、ミューズの今を撮り下ろした。

【小林麻美さんの写真をもっと見る】

*  *  *
 カメラの前で、くるくるとポーズを変えながら、楽しくてたまらないという表情で可憐に舞う。1980年代のミューズが、極秘出産と結婚を同時に発表し、芸能界を突如引退して29年。その姿は、ブランクを全く感じさせないものだった。

「ひたすら普通の主婦という毎日。息子が就職するまでは、脇目もふらず“お母さん”をやってました」

 小林麻美は、この29年をこう振り返る。両親が共働きで、学校から帰ると「おかえり」と言って迎えてくれる母親に強く憧れた子ども時代。その思いから、表舞台への未練は一切なく、“お母さん一筋”であることに迷いはなかった。

「子どもが成長していくのを見守れたことは、人生で一番幸せだった。何物にも代えがたい、かけがえのない時間でした」

 子育てを終え、2016年にモデルとして復帰。評伝『小林麻美 第二幕』も3月、刊行した。同世代の女友達との旅や、15年習っているという日本画に向き合う時間も、今の楽しみの一つだ。

「みんな自分の時間が持てる年代だから、旅は毎年必ず行こうねって約束してる。そういうのが楽しい。今までは夫や子どもを考えて行動してたけど、ここから先は、自分のために楽しく生きようって」

“第二幕”は、始まったばかりだ。(本誌・松岡かすみ)

週刊朝日  2020年4月24日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい