平井コーチ 北島康介の指導で「泳ぎの技術と同じ比重」で大切にしたこと (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

平井コーチ 北島康介の指導で「泳ぎの技術と同じ比重」で大切にしたこと

連載「金メダルへのコーチング」

このエントリーをはてなブックマークに追加
平井伯昌週刊朝日#2020東京五輪#平井伯昌
平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。86年に東京スイミングセンター入社。2013年から東洋大学水泳部監督。同大学法学部教授。『バケる人に育てる──勝負できる人材をつくる50の法則』(朝日新聞出版)など著書多数

平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。86年に東京スイミングセンター入社。2013年から東洋大学水泳部監督。同大学法学部教授。『バケる人に育てる──勝負できる人材をつくる50の法則』(朝日新聞出版)など著書多数

4月上旬に見ごろを迎えた東京アクアティクスセンターのある東京都江東区の桜 (撮影/堀井正明)

4月上旬に見ごろを迎えた東京アクアティクスセンターのある東京都江東区の桜 (撮影/堀井正明)

 指導した北島康介選手、萩野公介選手が、計五つの五輪金メダルを獲得している平井伯昌・競泳日本代表ヘッドコーチ。連載「金メダルへのコーチング」で選手を好成績へ導く、練習の裏側を明かす。第15回は「技術以外の指導」について。

【この記事の写真をもっと見る】

*  *  *
 東京辰巳国際水泳場近くの遊歩道の桜並木は、毎年4月の日本選手権の前後に見ごろになります。今年は花盛りのときに近くに完成した東京アクアティクスセンターで開幕するタイミングでしたが、大会が中止となっていつもと違う春を迎えました。

 多くの学校で休校が続く中で新学期がスタートしました。新入生は生活ががらりと変わり、慣れるまで時間がかかります。練習を軽めにするなど、ゆっくり始動するようにしています。

 新入生には、よく話しかけています。ごはんを食べてきたか、派手なTシャツ着てるな、そんなたわいのない会話が多いのですが、一番大事なのは「関心を持つこと」です。そこからコーチングは始まります。

 競技のパフォーマンスが高くて活発な選手は、チームにも溶け込みやすい。引っ込み思案で目立たないような選手は、ちょっとした変化を見逃さないように、意識して声をかけます。コミュニケーションがうまくとれるようになれば、指導する側の意図がきちんと伝わって、競技力の向上につながっていきます。

 東京スイミングセンターで北島康介を始めとしたジュニアの選手を教えていたころから、あいさつなど社会常識を身につけさせる指導は、泳ぎの技術と同じ比重で大切にしてきました。

 競泳は個人競技ですが、多くの人の協力が不可欠です。五輪で金メダルを取るレベルになるには、周囲の人から「この選手を応援したい」と思われるような人間的な魅力が必要になると思います。そのベースに礼儀があります。

 まずは、私から積極的にあいさつするようにしています。毎日、繰り返していると、選手も「あいさつしなきゃ」という気持ちになってくるようです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい