亀井静香氏「晋三よ、令和の徳政令を出せ 青天井で貸し出したらいい」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

亀井静香氏「晋三よ、令和の徳政令を出せ 青天井で貸し出したらいい」

元金融担当相の亀井静香氏(撮影・上田耕司)

元金融担当相の亀井静香氏(撮影・上田耕司)

 1年4カ月間の時限立法でしたが2度延長され、13年3月末で終了しました。

 今回、安倍首相が新型コロナの緊急対応策として、4308億円の財政措置と、中小企業に無利子・無担保の融資を1兆6千億円規模で実施すると表明したとき、あの法律がよみがえったと思いました。

 だけど、(安倍)晋三のは金額が少なすぎる。日本は400兆円以上の内部留保がある豊かな国なんです。その上、政府が発行する国債を日銀は引き受けてくれる。年収600万円以下の人たちを対象に、1世帯当たり一律50万円でも100万円でも生活費としてタダで配り、困っている企業には無利子・無担保で10兆円でも20兆円でも青天井で貸し出したらいいんですよ。

 ちなみに、私は政界を引退し、現在、航空保安業務の会社と太陽光発電の会社を経営しています。4月15日にはコロナ対策特別手当として、従業員1人当たり6万円を一律支給する予定です。従業員は約2千人いますので約1億円かかりますが、彼らを守るためです。

 晋三には、出し惜しみしてちゃダメですよ、と言いたいね。

(本誌・上田耕司)

週刊朝日  2020年4月17日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい