【家つまみ】舌の上でとろける甘さのハーモニー「黒蜜バナナパフェ」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】舌の上でとろける甘さのハーモニー「黒蜜バナナパフェ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#レシピ
黒蜜バナナパフェ  (撮影/写真部・松永卓也)

黒蜜バナナパフェ  (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】黒糖と水は弱火にした後も結構泡が立ち続けるので、焦げないように丁寧に混ぜながら、とろみを出していく。 (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】黒糖と水は弱火にした後も結構泡が立ち続けるので、焦げないように丁寧に混ぜながら、とろみを出していく。 (撮影/写真部・松永卓也)

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「黒蜜バナナパフェ」。

【「黒蜜バナナパフェ」を作る際のワンポイントアドバイスはこちら】

*  *  *
 私たち団塊の世代が子どもの頃、バナナは高級品でした。

 小学生の頃、同級生の女の子が「今日のうちのおやつはバナナ」と言うのを聞いて、心から羨ましいと思いましたもの。病気のお見舞いに、卵とバナナを持っていく時代でしたね。

 時は流れ、いまやバナナはとてもリーズナブルな存在になりました。私が最近気に入っているのは、バナナの黒蜜がけです。

 黒蜜は黒糖と水を煮詰めた“自家製黒蜜”を、ぜひ作ってみてください。私は沖縄の黒糖の塊を使っています。とろみが出てくるまで5分くらい、焦げないように混ぜ合わせてください。

 そして先に作っておいた白玉とバナナを器に盛り、トッピングでクコの実や松の実ものせましょう。そこに冷ました黒蜜をたっぷりかけて、召し上がってみてください。

 もっちりした白玉とやわらかいバナナ。そこに香りのいい黒蜜がからまると、もうこの味わいはやめられません。バナナの甘みと黒蜜の甘みが舌の上でとろける瞬間を、楽しんでいただきたいです。バニラアイスや抹茶アイスを添えてもおいしいですよ。私は毎回、食べすぎては反省しております(笑)。

(構成/赤根千鶴子)

■黒蜜バナナパフェ

【材料】(2人分)バナナ2本、白玉粉50g、水50ml、黒蜜(黒糖100gと水100mlを煮詰める)適量、クコの実・松の実適量

【作り方】(1)白玉粉をボウルに入れ、水を少しずつ加え耳たぶくらいの硬さになるよう、こねていく。(2)少量ずつ、手のひらで丸める。中心あたりを指で軽く押さえる。(3)たっぷりの水を沸騰させ、白玉を入れる。白玉が浮いて1分ほどしたらすくい取り、冷水を入れたボウルに入れる。(4)黒蜜は材料を合わせて中火にかけ、沸騰したら弱火にし、とろみがつくまで煮詰める。バナナを斜めにスライスし、白玉、クコの実、松の実と共に器に盛る。冷ました黒蜜をかけていただく。

【ワンポイントアドバイス】黒糖と水は弱火にした後も結構泡が立ち続けるので、焦げないように丁寧に混ぜながら、とろみを出していく。

週刊朝日  2020年4月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい