新型コロナでスーパーは一定間隔で行列、英国、フランス、スペイン、韓国のそれぞれの事情 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新型コロナでスーパーは一定間隔で行列、英国、フランス、スペイン、韓国のそれぞれの事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
本誌取材班週刊朝日#新型コロナウイルス
「手指の消毒剤が入荷したらしい」と聞いてロンドン中心部のドラッグストアに行列する人たち=3月10日(C)朝日新聞社

「手指の消毒剤が入荷したらしい」と聞いてロンドン中心部のドラッグストアに行列する人たち=3月10日(C)朝日新聞社

店舗が一斉休業しているパリのシャンゼリゼ通り=3月18日(C)朝日新聞社

店舗が一斉休業しているパリのシャンゼリゼ通り=3月18日(C)朝日新聞社

ソウルで若者が集う弘大にあるカラオケボックス。店の前には店内を消毒していることを示す表示が出ている=3月11日(C)朝日新聞社

ソウルで若者が集う弘大にあるカラオケボックス。店の前には店内を消毒していることを示す表示が出ている=3月11日(C)朝日新聞社

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「ロックダウン」(都市封鎖)の可能性を示唆した東京都の小池百合子知事。欧州などでは外出禁止令が出されている国もある。海外在住者らにそれぞれの事情を聴いた。

【写真】店舗が一斉休業しているパリのシャンゼリゼ通り

 チャールズ皇太子やジョンソン首相も感染した英国。3月23日に原則外出禁止が発表された。ロンドン在住のライター・高野裕子さんは言う。

「買い物は食品か薬(などの生活必需品)以外はだめで、お店はほとんど閉まっています。在宅勤務はすでに広がっており、現在はほぼ誰もオフィスに行っていません」

 公共の場で3人以上集まったり、結婚式など行事を開いたりすることも禁止。違反したら、警察が罰金を科したり解散命令を出したりするという。公共施設も閉鎖され、電車は運行しているものの本数が減らされている。

「町を歩いていると、必ず警官に質問されるようです。1時間以内だったら自宅付近でジョギングや散歩はOK。ただし、家族以外の人との集まりは禁止です」

 困るのは買い物だ。スーパーに行くと、誰もが買いだめするので、必要なものがなかなか手に入らないという。

「今は高齢者らを守るため、スーパー開店後1時間は70歳以上の人などを優先。普通の人はその後に入れますが、2メートル間隔の列を作って外で待たなければなりません。入っても何が買えるのか……」

 17日に全土で外出禁止令が出されたスペイン。バルセロナで豆腐店を営む清水建宇さんは、こう伝える。

「(14日から)警戒事態宣言が出ているので、オフィス、レストラン、バル、飲食店は休み。外出するには証明書が原則必要になります。スーパーなど食品店、病院、薬局、銀行などへ行くのは認められています。店内での飲食はだめでも、食べものを持ち帰れる店はOKです」

 清水さんによると、バルセロナがあるカタルーニャ州政府の危機感は強く、23日からすべての州民に外出証明書の携行を求めることにした。

「報道によると、政府が警戒事態宣言で『不要不急の外出はやめて』と要請したのに、行楽地へ遊びに行く市民が多く、混雑する海岸までありました。20日だけで1万人が職務質問され、数百人が罰金を科せられたそうです。これに怒った州政府が厳格化に踏み切ったと言われています」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい