関電の3億6千万円の裏金問題 「工事で不正はあった」と報告書 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関電の3億6千万円の裏金問題 「工事で不正はあった」と報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日
会見する第三者委員会の但木委員長 (撮影/今西憲之)

会見する第三者委員会の但木委員長 (撮影/今西憲之)

報告書 (撮影/今西憲之)

報告書 (撮影/今西憲之)

 関西電力幹部らの裏金受領問題を調査している第三者委員会(委員長・但木敬一元検事総長)は3月14日、調査報告書を公表した。

【写真】公表した調査報告書

 報告書によると、福井県高浜町の森山栄治元助役(故人)から金品を受領していたのは関電、関連会社の合計75人で、受領総額は3億6千万円相当に上った。

 関電は当初、社内調査で、金品が岩根茂樹前社長、八木誠前会長までに贈られていたことを公表し、「社会的儀礼の範囲」としていた。

 だが、社内調査以上に、金品が森山氏から渡っていた実態が判明した。

 報告書は「森山氏が見返りを期待することなく、社会的儀礼の範囲をはるかに超える多額の金品を提供するなど、容易には想定し難い」「実際に森山氏は関電の役職員に対し、自分が関係する企業に仕事を発注させ、工事の情報を提供するように要求。(中略)報酬、手数料、謝礼等として経済的利益を得てきた」と分析。関電が森山氏を頼りにして原発事業を進め、森山氏は関電をバックに商売するという「関係」と指摘した。

「高浜原発の3号機、4号機の増設、原発の定期点検などあらゆることを森山氏は関電に有利になるように解決。『森山はすごい』と評価されるようになり、関電は森山氏を頼るようになった。森山氏は『俺を怒らせたら大変だぞ』と吹聴。功労者であり、モンスターだった」(但木委員長)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい