アーティストが悲痛な叫び コンサート中止で1億円の損失 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アーティストが悲痛な叫び コンサート中止で1億円の損失

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日#新型コロナウイルス
「Perfume」の公演が中止になった東京ドーム前に集まったファンら=2020年2月26日/(c)朝日新聞社

「Perfume」の公演が中止になった東京ドーム前に集まったファンら=2020年2月26日/(c)朝日新聞社

 アーティスト個人が主催するイベントやコンサートは、すべての損害を個人がかぶってしまうケースもあるという。ある音楽業界関係者はこう話す。

「損害が数千万円、1億円というアーティストもいます。台風や震災は保険を厚くかけている主催者も多いですが、感染症という項目はなく、保険が利かないというような話を聞きました。最終的にはどうなるか、まだわからないですが」

 安倍首相は2月26日にスポーツ・文化イベントの2週間の開催自粛を要請したが、3週間経った現在も解除される状況にはない。

 前出のぴあの担当者は、

「3月に発売する予定だった夏や秋のイベントのチケットのほとんどが、キャンセルになっています……」。

 先行きが見通せない苦しい状況が依然として続いている。(本誌・上田耕司)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい