関西芸能人に人気 北新地の“夜のお土産”がついに東京進出! (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関西芸能人に人気 北新地の“夜のお土産”がついに東京進出!

連載「楽屋の流行りモノ」

山田美保子週刊朝日#グルメ#山田美保子
山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。フジテレビ系「Live News it!」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。フジテレビ系「Live News it!」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

大阪の『北新地サンド』が、2019年に東京で『銀座サンド』としてオープン。「タマゴカツサンド」は、ふわふわタマゴにさくさくカツの新食感。たっぷりの甘め自家製マヨネーズで包んだサンド。夜の手土産としても人気。税込み900円。テイクアウト専門で、銀座のほか、北新地と心斎橋にもある。売り切れ次第終了。/銀座サンド:東京都中央区銀座7-6-4 フィーラ銀座ビル1F 営業時間:17時~翌4時(日祝休)

大阪の『北新地サンド』が、2019年に東京で『銀座サンド』としてオープン。「タマゴカツサンド」は、ふわふわタマゴにさくさくカツの新食感。たっぷりの甘め自家製マヨネーズで包んだサンド。夜の手土産としても人気。税込み900円。テイクアウト専門で、銀座のほか、北新地と心斎橋にもある。売り切れ次第終了。/銀座サンド:東京都中央区銀座7-6-4 フィーラ銀座ビル1F 営業時間:17時~翌4時(日祝休)

 北新地という場所柄、テイクアウト専門の小ぢんまりとした店舗の営業時間は、夕方5時から翌朝の4時。飲み屋さんへのお土産として新地の女性に愛されたサンドイッチは、タレント間の差し入れへと移行した。

「タマゴカツサンド」のほかにも「特撰国産牛ヘレカツサンド」や「塩カツサンド」が大人気の『北新地サンド』が昨年、東京にオープン。『銀座サンド』である。

 先日、大阪の読売テレビ制作で東京の日本テレビでも見られる『ワケあり!レッドゾーン』でも、「23年間、食パンを愛し続けた」パンマニアの片山智香子さんのナビゲートで「タマゴカツサンド」が紹介された。

 他のフルーツサンドやローストビーフサンドには、ただただ驚くだけだったMCのライセンスの二人が、「大阪にしかない」「夜の街で人気」と片山さんと共に説明できたのが『銀座サンド』『北新地サンド』の「タマゴカツサンド」だった。在京テレビ局の定番差し入れとして仲間入りするのも間もなくだと思う。

「銀座サンド」東京都中央区銀座7-6-4 フィーラ銀座ビル1F/営業時間:17時~翌4時(日祝休)

週刊朝日  2020年3月20日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。TBS系「サンデー・ジャポン」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい